Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    匿名 (04/19)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    鈴蘭 (05/30)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ドロップ (06/09)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ゆうと (06/06)
  • 少子化 20-30歳の6割が子供いらない
    匿名 (05/28)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    結香 (11/07)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    カノン (10/20)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    さくら (10/17)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ひー (09/12)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ころね (05/28)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
子供に物を売る方法
子供に物を売る方法

 最近出版イベントで全国各地に出没している。今回は「裏方さん」としてなので、特に表には出てこない。11月の週末は全て埋まり、富山、大阪、そして京都と回った。販売したのは「ゆめみるオカメインコ」という鳥の写真集。ターゲットは女性、そして子供だ。



 物を売るには色々と方法がある。が、実店舗で尚且つ短期間に勝負を決めなくてはいけない時狙うのはやはり「子供」だと思う。祭りのテキヤも話しかけるのは基本的には「子供」で、親の顔は見ない。子供が欲しい! という力が家庭の中でとても強い決定力を持っている。

写真素材 PIXTA
(c) mikub写真素材 PIXTA


 理屈は分かった。では子供に声をかけて……。といって普通に道端で声をかけたら非常に「あぶない人」であり、敬遠の対象となる。子供が「行く」といえば親は自然とついて来る。わたしが書店で取った作戦はこうだ。

1.販売促進用ポストカードを持参。
 「とりさんは好きですか」と子供に声をかける。
 *事前に腰をかがめ、子供目線になる。親には軽く会釈をして笑顔。
  オカメインコといっても子供はまずそんな鳥を知らない
2.「好き」といったらカードを渡す。「嫌い」という確率は思いのほか低い。10人に1人もいない
 最初会話を成立させ、イベントをやっていることを告知。「もし良かったきてね」と
 その場を離れる
→10人に声をかけると3-4人は来てくれる
 男の子などには「折角読みきかせをやるのに、誰もいないと寂しいなあ」と良心に訴える。
 このときは「寂しいそうな表情」が重要。しかし男の子はあまり来ない!
3.本当に来てくれた子供には「ありがとう」といい、「あなただけよ」と別のポストカードをプレゼント。
→子供は「ありがとう」と「自分だけ」という特別感が大好き。これで何もいわなくても最後まで座っていて話を聞いてくれる

 買う買わないの判断はこの後の子供の考えによりますが「イベントやりますー来てください」と店内放送するだけでは、まず子供は来ない。理由は「自分に対して告知されているという意識がない」からだ。人が集まれば、「何だろう?」と次の人が集まってくる。どちらかというとこちらのお客さんの方が「買ってくれる」のは不思議なもの。2秒以上イベント会場を見つめたら恋の始まり。そうした人にもポストカードを渡し、空いている席に座ってもらえるよう誘導する。

 イベント時の服装もシンプルな失礼のないものにしておくのが重要。あまりくだけているとイベント要員なのか一般人なのか区別がつかないのでイマイチ。なんども膝を折る必要があるのでミニスカートは不向き。大きな笑顔ではなくて口元を軽く緩めるだけで、好印象になるよう。

 とはいえ書店でイベントをしても、人が集まっても本が売れるというわけではなく……。今は著名人がサイン会をしても中々人は集まらないそうだ。新聞に広告を打ち、知り合いの出版社に当日来て貰える様に声をかけ……。開催する書店もとても大変のよう。本が売れない時代、徐々に「昔の本屋さんのように」読み聞かせイベントなどを実施する店舗が増えていた。出張経費の山に頭を抱えつつ、本を売るために今日もまた歩き続ける。

JUGEMテーマ:子供



posted by: 池田@ママ | 子供教育 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
魚沼産コシヒカリ
JUGEMテーマ:おいしいお米


小さな頃から「米」といえばお米やさんが持ってきてくれるもので
自分が何という種類の米を食べているのかということについて
全く考えたことはなかった。
そう。結婚をするまでは。

「へー。お米って高いんだねえ」

5キロ、10キロ単位だからそう思うのかもしれない。
500-600円で買える肉類から比べても
米の3000-5000円という値段はとても高額に感じた
まずしたことといえば、一番安い種類の米を大量に買い込むことだった。

「あきたこまちなんて食ったことねえぞ」

旦那の実家では「魚沼産コシヒカリ」が基本なのだという。
「それはなんですか?」と聞いても薄笑いされるばかり。
実家に行った際

写真素材 PIXTA
(c) mari写真素材 PIXTA


「魚沼産コシヒカリとは何ぞや」
「あたしが普段食べていたのはパールライスではないの?」

と聞いてみた。母の言葉としては

「若い人は安いお米でいいのよ。炊きたてで食べれば大きく味は違わないんだから」

といいつつも、疑問顔のわたしのために
魚沼産コシヒカリを買い2キロほどプレゼントしてくれた。
早速炊いて食べてみるが、味は分からない。これのどこが違うんだ???
と疑問に思い、高級米が切れ通常の格安米に戻った時味が分かった。

「これは違うわ。安いのに戻るとそれが分かる」

とはいえ家計の予算的に魚沼産コシヒカリが買える筈もなく。
その後も

「あきたこまち、この間いわれたから買ってみたよ。あれは食えたもんじゃないな」
「以前、米騒動ってあったろう。あん時もオレは日本の米を調達して食ったもんだ」

とひたすらに米自慢が続く。

しかし、耳をすましてよくよく話を聞くと、小さい頃まずい米を食べて辛い思いをしたというのがあるので、米だけはまずいものを食べたくないという思いがあるのだという。特に小さい頃から米に不自由していない人間はまずい米だろうが、高い米だろうが違和感ないのだろうというのだが。

「でもまずい米ずっとわたし食べてますけど、別段辛くないですよ。お金余ったらほかの事に使いたいですし」
「米騒動の時はタイ米も食べましたし。カリフォルニア米はそこそこいけましたよ。あれで値段が安いのだったら買ってもいいなと思いましたが」

何度も話していて、なんだか違っている。と思った。

とかく気になったのは、旦那の実家の食生活というのも変わっている。

まず米が切れると炊飯ジャー一杯に米を炊き、終わるまで食べ続ける。3日目ぐらいになると米の色が黄色くなり、かなりぱさぱさしてくる。電気の節約を考えると保温をいれっぱなしにするのではなく、「食べるとき以外はスイッチを切る」ことが有効だといわれているが、そうしたことは考えていないらしい。実際食べてもあまり美味しくなかった。が、「魚沼産コシヒカリ」が特に大切なのだという。

「最後に食べきった方が米を洗わないといけないんだ。だから寒い日は特に面倒でさ」
「???」

食べる分だけ、その時間に合わせてスイッチを入れるのが当たり前だと思っていた。

年月が経ち、徐々に生活が落ち着いてきて、現在はお米にも少々お金をかけるようになり
生協で定期契約した新潟のお米を食べるようになった。
5キロで2000円ぐらいだから高いお米ではない。が生産地まで行ったというご縁もあり契約を続けている。たきたてでなくても、おにぎりにしてもおいしい。

今も時折魚沼産コシヒカリの話を思い出すが、別段売られていても食べたいとは思わない。
頭に浮かぶのは不愉快な思いばかり。
きっと旦那の実家ではわたしにイヤガラセをすることが楽しかっただけなのだろう。



posted by: 池田@ママ | 環境CSR | 14:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
日本の秋
JUGEMテーマ:秋の気配


子供たちのゲーム三昧に愛想をつかし、ではなく「自主性」を尊重し週末は実家に戻る。季節は秋。都会ではもう見ることのできない自然の移り変わり、マイナス方向ばかりに考えるのではなく、久しぶりに時間をかけてゆっくり見て回ってきた。

写真素材 PIXTA
(c) とらじろう写真素材 PIXTA


■ 田んぼの景色

一人で歩くのも寂しいので、二匹の犬を引き連れ、耕作地を散歩する。一匹はヨークシャーテリアでもう一匹はウエルシュコーギー。ボディーガードには全くならないが、乱暴に駆け回ることもないので、気軽な散歩のパートナーにはもってこいだ。

写真素材 PIXTA
(c) taka写真素材 PIXTA


シルバーウイーク中はまだ用水路に水が入っていたのが、2日の平日のうちに水はせき止められ、逃げ遅れた小魚やザリガニなどがジタバタ水を散らしていた。これは稲刈りをする前に水を抜き、地面を固くするためだ。以前は用水路から田んぼへは泥のトンネルを木でふさぐことによって水路の調整をしていたけれど、今は大人が一抱えできるサイズの黒いポンプが水の調整をしていた。

田んぼも大分ハイテク化? ポンプにはゴム製のカバーがつけられており、動作は停止していた。必要に応じて石油などを使い動作させているようだ。

■ 白鷺が教えてくれたもの 無農薬米はウマイ

10分ほど歩いた所で、犬が足を止めた。
なんと20匹以上の白鷺があぜ道に集まってきていたのだ。目をこらしてよく見ると白鷺だけでなく、大柄な青鷺もいる。種が違う鳥だけれど喧嘩をしている様子はない。「不審物発見!」とばかりワンワンと騒ぐが彼らが逃げる気配はない。さもありなん。二匹の犬は、青鷺はおろか白鷺よりも小さいのだから。

写真素材 PIXTA
(c) tsuch写真素材 PIXTA


とはいえ人間のわたしが一歩、二歩近づこうと微動だにしない。ひとむかし前だったら大騒ぎして飛び立っていったのに??? 理由は立ち去った数分後判明した。稲の刈取りが一部で始まっており、彼らは「刈り終わった稲穂が落ちたての田んぼ」を見つめていたのだ。あの目つきは

写真素材 PIXTA
(c) 写ぁ・アズナブル写真素材 PIXTA


「これから、年に一度のごちそうが出てくるのに邪魔するんじゃない!」

といった所だったのだろうか。翌日同じ場所に白鷺が集まっていないか、何度か見に行ったが朝はゼロ、夕方ようやく数匹いるという状態で、初日ほどの盛況ぶりはなかった。

なぜ土曜日に白鷺が集まったのか? 理由は兼業農家が増え、仕事のない土曜日から刈り取り作業をする人が増えたからだ。ガガガガと大きな音を頼りにするのではなく、田んぼの一角にある一番大きな木に一匹の白鷺が監視役として朝から陣取っていた。木の真下まで行って睨み付けても飛び去る気配はない。人間があまり怖くない? 昔に比べ田んぼで遊ぶ子供が格段に減り、その危険性について彼らはあまり考慮しなくなってしまったようにも見える。

白鷺が狙う田んぼというのは「無農薬」で特別に栽培をしている田んぼだという。農薬を多用した田んぼの落穂は狙ってこないという。やはり味が違うのか? こうした傾向は新潟の方でも何度か聞いた。無農薬・有機栽培をした田んぼには自然と白鳥が集まり、そうでない田んぼと鳥の集客? に大きな違いが出るという。

■ 川べりに咲き誇る彼岸花 飢饉対策が今は観光資源に

写真素材 PIXTA
(c) 笠原 裕二写真素材 PIXTA


山道にはどんぐりが落ち、さつまいもの掘りおこしをする隣の畑で冬大根の種まきが始まっていた。あぜ道には色鮮やかな赤い彼岸花が咲き誇っていた。小さい頃から「彼岸花には毒があるので絶対に触ってはいけないよ」と習ったが、実は田に植えるのはいくつかの理由がある。

・ 毒素があるため、小動物の繁殖を抑制することができる。
・ 三倍体であり、何年たっても「咲く場所」が動くことがない
・ 飢饉時の救荒作物として

毒があるのに食べられるのか? と思う人もいるだろうが、処置の方法によって毒を抜くことができる。簡単にいえば水にさらすことで毒素を抜くことができ、団子状にして第二次大戦時は食べたという話が残っている。ただ決しておいしいものではないそうだ。

彼岸花は何十年立っても動かない。かくして飢饉のときは「彼岸花の咲いていた」場所を掘り、その球根を最後の糧にする。まさに「彼岸が近くないと食べない」。また今は「赤」だけでなく稀に「白」の彼岸花もあり、桜などのように南から北に向かい開花が進むのではなく、同期一気に開花する。

色々と不思議なところがある彼岸花。地元では球根を掘り起こすことは勿論、咲いた花を切り取ることも禁止し、今は一部を観光資源として公開した。口コミのウワサを聞き、折から不況の中、かなりの人手が川べりを赤く咲く彼岸花を指差しながら歩いていた。春は芝桜に秋は彼岸花。田舎の人間には当たり前の光景でも、珍しくわざわざ遠方からやってきてくれる姿は世の中変わったなあと思ってしまう。

写真素材 PIXTA
(c) macha写真素材 PIXTA


【参考】
彼岸花・日向薬師
http://www.city.isehara.kanagawa.jp/flower/higanbana.htm
*最盛期には100万本の彼岸花が咲きます
JAささかみ
http://www.ja-sasakami.or.jp/userimg/15861/index.html
* お米はここのものを生協経由取り寄せています。無農薬で白鳥が落穂をついばみにきているところを見に行ったことも。

posted by: 池田@ママ | 環境CSR | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
子離れ、親離れ、旦那離れ?
JUGEMテーマ:子供達との記憶


核家族化が進む日本において、子育てというのは母親にとって24時間営業の難業である。3歳まで24時間営業で働いたと仮定すると、母親はその時点で男性の定年までの時間以上に拘束を受けたことになるという。もしかしたらそうした時間が「子離れ」「親離れ」をしにくい環境を作っているのかもしれない

写真素材 PIXTA
(c) あはは星人写真素材 PIXTA


■ 母親の子供への手があくタイミング

小学校六年生の娘を参考にいうと今まで3つの大きなタイミングが存在した。

・ 断乳
夜中に起きて体力を失うということがなくなり、深夜の拘束が解かれることに
・ 幼稚園入園
朝・夕の送り迎えの必要はあるものの、日中は完全に自由に。このあたりから仕事を本格的に再開している。
・ 小学校入学
送り迎えの必要もなくなる。家を留守にする時間が幼稚園時代より格段に長くなり、自由度が増す。但し習い事の送迎が増える。

 最近は六年生になっても親が必ず付き添い、一人で外出させないということも。「今の時代は危ないから」というけれど、わたしの時代は三年生の頃には一人でバスに乗り、電車を乗り継ぎ一人で元気に出歩いていた。過保護すぎるのでは? という問いに反発意見が出ても、その責任を負い送迎の負担を強いられるのは当然母親である。

 自虐的とまではいわないものの、出産後の母親はこうして「子供にしばられる」ことが当たり前のように思われているようだ。むしろ手を抜くと非難の対象となる。

写真素材 PIXTA
(c) Rm。写真素材 PIXTA


子供を水泳教室に送った後、一度自宅に戻り、一時間後迎えに行くという行為はあまり宜しいことではないらしい。一度自宅に戻れば三十分ほど自分の時間が取れる。そうなるとピアノの練習をする時間が……。という話をすると驚いたような顔をされた。何が間違っていたのだろう? と聞くと正しい母親というのは「水泳をやっている間も子どもが練習している光景を眺めて」待っていなければならないのだという。

「だってそうしないと子供がどこまで成長したか分からないでしょ」
「夏に一緒にプールに入りますから。大体は分かるから大丈夫ですよ」

 日本人的に正しい母親でいるのはとても大変だ。

写真素材 PIXTA
(c) syk写真素材 PIXTA


■ ゲーム三昧に愛想がつきる

「ゲームはむしろ頭に良い!」という人もいるけれど、子供と旦那が朝晩ゲーム三昧をする姿に愛想がつき、シルバーウイークは実家に戻ることにした。指摘されるまで気がつかなかったのだが、旅行先に行く車の中でもゲーム。ついた先でも海の見える部屋でゲーム三昧である。食事をする時間も惜しんでゲームを一日最低でも6時間。

怒鳴っても旦那が味方についているのだから、話にはならない。近所の子どもたちに話を聞くと、ゲームをやってよい時間はせいぜい一時間が普通で、それ以上となると親のストップが入るという。

徐々に悪人は怒っている母親となり、気がつけば「通信してクエストをするから」という理由から寝室は子どもたちに奪われ、家に居場所がなくなってくるようになった。

■それは「mixiアプリはしません」という宣言に似ている

 先日mixiアプリ*が公開された際、よくこのようなメッセージを頂いた。

>数人の方から誘い戴いているアプリ。
>せっかくなのですが、辞退させて頂きます。
>大変、申し訳ありません。m(__)m
>とっても面白そうで、はまったら怖いんです。

 子供たちがゲーム三昧でほとほと困っているという話をすると「あなたも一緒にやればいい」「ドラクエをやっている人は多いよ」と気軽にいうひとがいる。確かに小さい頃はゲームをよくやった。しかし現在子育てをして、仕事をして、自分の趣味の時間を取ってという時間設定の中にゲームを入れる時間はない。またそれ以上に一時間でレベルを3つ上げた! と喜ぶよりも子ども会のお友達と秋祭りに参加して、元気におみこしを担いだ方が記憶に残って楽しいと思ったからだ。

 勿論どちらを選ぶかは個人の自由。ゲームを選んだからといって子供が悪いわけではない。が、わたし自身がただ只管不愉快なだけだ。

写真素材 PIXTA
(c) まるめだか写真素材 PIXTA


■ そして、両親を観察

シルバーウイーク中もゲーム三昧でストレスが溜まるだろうからと怒り狂って実家に帰省。ふと思い数日両親を観察していたが、二人とも食事とお茶の時間以外、全く別のことをしており「何かを一緒にする」ことはない。考えてみると昔から両親はそうだった。個を大事にするのではなく、「お互いの行動にあまり干渉しない」。

 わたし自身、実家に行ったからといって親とどこかに行くわけではなく、一人で勝手に出歩いていた。「一緒に何かしなければいけない」ことは全くない。

段々子供たちの娯楽に干渉し怒り狂っていた自分が間違っていたような気がしてきた。

■ 子離れのとき

 なぜ腹がたったのだろう。色々と考えてみると生まれたときから子供とは24時間一緒に何かをするというのが当たり前だったのが、急に疎外されるようになったからではないだろうかと考えるに至った。つまり子供たちは「ゲーム」という道具を使って「親離れ」しただけに過ぎないのでは、と結論を出した。

写真素材 PIXTA
(c) Rm。写真素材 PIXTA


愛情をかけて育った子供は気がつけばすっと親から離れていくという。
そのときはもう親が「これが正しい!」と価値観を押し付けてはいけないという。

 しかし、悪くいえば、子供の自主性ばかりを認めるばかりに「モンスター」となることも否定しない。料理をごく当たり前に中央から取り「自分が一番偉い!」「自分が正しい!」とばかり、人を見下す。こうした人間が成人するとホトホト手がつけられなくなる。何度かこうした人物に痛い目にあったことがあるが、「怒りを抑えて相手をしないのが一番」というのが一つの結論であるようだ。
 
 多少心を入れ替えて? 一日早く実家から自宅へ戻る。

ついつい顔に浮かんでしまう怒りを必死に抑えつつ、結局自宅にいても飯炊き女としての意味以外なさそうなので、いよいよ「旦那離れ」をしようかと考える今日この頃。犬の散歩がてら、公園でふと会う年配の奥さんたちに今の悩みを相談すると

「極端に走らない。ゲーム三昧なんてウイルスにかかったようなものだから、腰を据えて放っておきなさい」

という。人生は難しい。
よっぽど仕事で複雑なシステムを作っている方が楽チンだと思う。

写真素材 PIXTA
(c) かめらん写真素材 PIXTA


【参考】
クエスト;追加ゲームのような意味合い。ドラゴンクエストの場合は1年間クエストが配信される。つまり一年間オワリなしで遊べることに。

Mixiアプリ;「グラディウス」「テトリス」といったゲームや便利ツールなど、好みのアプリを追加して楽しめるもの。
http://developer.mixi.co.jp/appli

デジタル大辞泉
こ‐ばなれ【子離れ】
《「親離れ」から類推してできた語》子供が成長したとき、親が保護者としての役割を離れ、個人として子供を尊重するようになること。「―のできていない親」
http://kotobank.jp/word/%E5%AD%90%E9%9B%A2%E3%82%8C

おや‐ばなれ【親離れ】
子供が成長して、親の保護なしに自力で行動できるようになること。「成人したのにまだ―ができていない」
http://kotobank.jp/word/%E8%A6%AA%E9%9B%A2%E3%82%8C

子離れ度チェック;
あなたが、子犬や子猫や、雛の時から飼っているペットが家出しました。(ペットを飼っていない人は、人形か、ぬいぐるみか、愛着のある品物を想定してください。)
探していると、公園で、なんと近所の悪ガキと酒盛りをしているではありませんか!!煙草も吸っています。さてあなたは、ペットになんといいますか?
注 この質問は、成長した相手に、どう対応するかを判断する質問です♪ ペットは未成年者ではないと仮定してくださいね。(^^)
*当たっていると思います。
http://plaza.rakuten.co.jp/yobirin/10037

親離れは中学生からあたりから;
*現在6年生なので、離れるタイミングとしては大体合っていることになります。
http://www.afgioc.net/kodomonokokoro/oyabanare.html

posted by: 池田@ママ | 子供教育 | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
小沢代表が飼っているのは文鳥だ!
JUGEMテーマ:文鳥さん


少子化が進み、ペットを飼う人が増えた。書店での「癒し系」と呼ばれる写真集の中で一番人気はダントツで「猫」、その次が「犬」で続いて最近は「アルパカ」「豚」などがある。

■猫の写真集が多い理由

日本で一番飼われているペットは「犬」なのに、圧倒的に「猫」の本が多い理由は「猫が好き」と答えたのが「女性」であることに起因しているように思う。男性が癒しのために「犬」の写真集を買うことはあまり考え難い。書店側もそうしたことを考慮してか、ペットの写真集は女性向けの棚の位置にあることが多い。購入層は圧倒的に女性で9割を超えるのではという書店員もいた。

写真素材 PIXTA
(c) forte写真素材 PIXTA


■ 以前は4割以上の飼育率を誇った「鳥類」、今は1割以下!

ペットを飼わない理由を見ると、「十分に世話ができないから」を挙げた者の割合が46.5%と最も高く,以下,「死ぬとかわいそうだから」(35.0%),「集合住宅(アパート・マンションなど一戸建てでないもの)であり,禁止されているから」(24.6%),「家や庭が汚れるから」(16.9%),「動物が嫌いだから」(16.8%)などの順となっている。

写真素材 PIXTA
(c) もちとち写真素材 PIXTA


鳥類のファンが減った理由は「世話」の問題よりも「死ぬとかわいそうだから」というものが多いように思う。鳥類は特に生まれて1-2年とても弱い。核家族化が進む現代において「死」というものに向き合う機会はそう多くない。ペットの死に直面して、それ以後飼う気がなくなってしまったというのは珍しい話ではない。

しかし、最初の段階を過ぎるとセキセイインコで7-8年、オカメインコで15-20年と長い寿命を誇る。セキセイインコなどは繁殖率も高く「気がついたら増えていた」ということも珍しい話ではなかった。わたしも幼い頃「増えすぎたからあげる」と友達から良くセキセイインコやウコッケイ、シャモなどいろいろな鳥類を貰ったものだった。

■ 民主党の小沢一郎氏も毎朝鳥小屋を掃除するそう

昔は家に犬がいて、鳥がいて、猫がいてということが珍しくなかった。

写真素材 PIXTA
(c) しまりす写真素材 PIXTA


民主党の小沢一郎氏宅には柴犬の「クロ」と「チャイ」がいることは有名な話であるが、最近流れたニュースでは「鳥」も飼っているそうだ。嬉しくなって調べてみると、発言にその比喩が入っているものを発見した。

「僕は自宅で小鳥を飼っているが、親鳥はヒナが大きくなるまでは一生懸命に世話をするが、一定の時期がくると冷たいほど突き放して巣立ちさせる。ニートの親は動物にも劣るといっても過言ではない」

では種類は何を飼っているのだろう? 公式ホームページを調べると地道に調べるとどうやら「文鳥」というのが有力であるようだ。かなり若い頃から飼っており繁殖にも成功しているようだ。

■鳥類の撮影は非常に困難

とはいえ、全人口の36パーセントがペットを飼い、その8パーセントが「鳥類」を飼っているのだから、計算すると380万人の人が何らかの「鳥類」を飼っているのだから決して少ない数字ではない。ではなぜ写真集がないのだろうか。理由は実際に写真を撮ってみると分かり易い。

鳥は非常に「臆病な生き物」であり、そう簡単に写真を撮らせてくれない上に、「より撮影に向くように」明るい光をあて、太陽の光の上で撮影したりなど「パニックを起こし暴走」する可能性があり、生死問題に関わってくる。

とはいえ、最近はブログにて「自慢の鳥」の写真をまめにアップする人も少なくない。鳥類の写真を上手に撮ることができるのは「飼い主」をおいていないようだ。

■そして娘はオカメインコを選んだ

鳥は犬、猫に比べて空間を取らない。娘は鳥の図鑑を熟読し、「一番なついてくれそう」という判断から「オカメインコ」を選択し飼い始めた。セキセイインコなどはどちらかというと「気が強い」のに対し、オカメインコは「おびえ体質」。既に2匹殺したが、3匹目はもう3年目に入る。オカメインコ以外を飼う気はなく、来年には「旦那さん」のオカメインコを迎え、繁殖に挑戦する予定だという。これ以上はやめて欲しい……。鳥好きは一度はまると終わりがないようだ。

写真素材 PIXTA
(c) kaoru kiyomi写真素材 PIXTA


【参考】

動物愛護に関する世論調査
http://www8.cao.go.jp/survey/h15/h15-doubutu/index.html

文鳥を飼育する小沢氏
* 公式HPに公開されている写真 
「こちらも付き合いの長い文鳥」と記載
http://www.ozawa-ichiro.jp/profile/pictorial07/92.htm

夕刊フジ連載 2005年 第226回 3月25日(金)
>「ニート激増、85万人」「漠然と他人に寄生して生きるなどとんでもない」
>「甘やかせた親が最も悪い」「家から追い出して自活させよ」
http://www.ozawa-ichiro.jp/massmedia/contents/fuji/2005/fuji20050419134025.html


こわもての小沢代表“こわもて”小沢氏 鳥好きの意外な一面も
>東京都世田谷区の自宅の庭では、犬などのほかに数十羽の小鳥を飼育。
>毎朝、小沢氏自ら小屋のフンを掃除し、エサを入れ替えるなど世話をしていた
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2009/09/07/05.html

ゆめみるオカメインコプレスリリース
http://www.insightnow.jp/applications/id/81

posted by: 池田@ママ | LifeStyle | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【ドラゴンクエスト】ルイーダの酒場はどこですか【すれ違い】
JUGEMテーマ:ゲーム


満を持してドラクエの最新作がリリースされた、以後日本各地で不思議な行動をする人間が増えたとか増えていないとか……。
DS;任天堂が企画した携帯用ゲーム機のこと。ニンテンドーDSの略。任天堂が開発し2004年から世界各国で発売した携帯型ゲーム機。

写真素材 PIXTA
(c) XQ写真素材 PIXTA


■ ドラクエ最新作はDSから

『ドラゴンクエスト 星空の守り人』がついに2009年7月に発売された。今回は「セーブデータが一つ」しか持てないことや、アマゾンのレビューにマイナス要素のものが多かったことから「ヒットしないのでは?」という憶測も流れたが、現在出荷は350万本を超え、大ヒットを記録している。通信機能搭載、クエストを一年間無料配信等々の機能は前回家族がはまったモンスターハンターを彷彿とさせ、「終わりのない」「またしてもゲーム三昧となるような」非常に嫌な予感がした。

■ 30人とすれ違ってきて! 

通常どこのキャンプでもゲーム機の持ち込みは「禁止」。

かくして、サマーキャンプで長期留守をする娘は「DSを持ち歩いて30人以上とすれ違ってきて!」という指示をパパに出した。「すれ違う」とはどういうことか。DSを持って会社の行き帰り歩いてきて欲しいということだそうだ。会社の行きかえりにDSを持っている人が30人もいるのか??? というとこれが結構いるそうだ。

すれちがった人とはプロフィールを見ることができ、人数によってゲーム内の宿屋が成長していくのだという。毎日歩いていると「駅前でダーツバーを営業しています○○です!」「あんなところにお店があるとは知らなかった今度行ってみよう」といった今まで全く知らないでいた近所の人間の生態もわかってくるという。

写真素材 PIXTA
(c) KAZ写真素材 PIXTA


■ DSを持って電車内をぐるぐる歩き回る子供たち

とはいえこうした「営業活動」を親に頼めない子供もいる。

かくして夏休みの電車の中を大名行列よろしく、DS片手に歩き回る小学生たちが現れるようになった。「ここにはいた」「いや、全然」「次の電車に行こうぜ」。それより上の年代はかばんからDSを出すことなく、ひっそりと「すれ違い通信」をしていると思われる。すれちがい通信の距離は10-30m、かばんに入っていても十分すれちがうことは可能なのだという

写真素材 PIXTA
(c) daigo写真素材 PIXTA


■ 発想は誰も同じ かくしてゲームコーナーに不思議な人間が集まって……

とはいえ30人は大人数。どこに行けば「すれ違う」人間がたくさんいるだろうか。大人が集まるレストランよりも子供が集まるレストラン。そしてテレビコーナーよりもゲームコーナーに集まるだろう。というのは誰しも考えることであろう。

かくしてゲームコーナーには「すれ違い」を目的にした「買わない」人が大量に集まることとなる。とにかく肝心のブツをかばんに入れているため、店としてもむげに人を追い払うことはできない。ひどい人となると「朝来て閉店時間まで」いすわる人が現れたという。

■ かくしてルイーダの酒場がオープンした

ルイーダの酒場とはドラクエのゲーム内では「旅人の集まる宿屋」のような意味で、今回のゲームでは仲間にすることもできるという。

写真素材 PIXTA
(c) Team-D写真素材 PIXTA


ゲームコーナーに人が集まってばかりいては商売にならない。ならば……。と秋葉原ヨドバシカメラ・マルチメディア店から少し離れた場所に「ルイーダの酒場」がオープンした。かくしてコーナーは大成功。一日200-300人の人が集まる大人気コーナーになったという。

■ マジコン率5割というウワサも

実際にルイーダの酒場に足を運ぶと、5割とまでいかなくても確かに「マジコン」でドラクエをやっている人を目撃した。今回のドラクエには「マジコン」対策が組み込まれ、一定条件に到達するとホワイトアウトするような情報があったが、発売日当日にはマジコン対策回避方法が公開されていた。現在は「子供でも簡単に書き換えられるよう」パッチ化したものもできたようだ。近所の子供でも一人、自慢げに「書き換えてレベル99にした!」といっている子供がいた。近所の子供会の総数が200人程度でようやく一人発見だから、比率的にはまだ多くはない。

韓国ではマジコン率が7割を超え、あまりにもコピーが横行したためハリウッドの映画会社は撤退して行った。DSの販売が200万台に対し、マジコンの販売数が140万台で「コピーをしてゲームをするのが当たり前」「だからマジコンを禁止されるのは不当な処置」だというのだからたまらない。

韓国といえばネットゲームが有名だが、DS関連の開発会社というのはほとんどないこれを韓国側としては「任天堂が開発支援を行わなかったから」と主張するが、いうまでもなくゲーム開発の基本技術はもっているのだから、「違法コピーが横行しているため、ソフト会社がDS用ソフトの開発をしても儲からないから作っていない」可能性が高いのだろう。

写真素材 PIXTA
(c) Nature写真素材 PIXTA


■ そのほか、ドラクエでマジコンが嫌われる理由

今回は「すれ違い」した人からは「宝の地図」を受け取ることができるのだが、悪質なマジコンユーザーは「宝の地図を書き換えて」「まだ配信されていない地図」を「オレってすごいだろう!」的に配布することがある。まじめにゲームをやっている人にこれはたまらない。ゲーム時間が短く、レベルが妙に高いときなどは「ウイルス地図」である可能性が特に高く、廃棄した方が良いそうだ。

■ 今後の展開

メーカーとしては500万本を目指しているという。すれちがうことにより、新しいダンジョンの地図を手に入れることもできる。友達のダンジョンに遊びに行き「ロイヤルルーム」に入れることもできる。かくして家族3人がドラクエを買い、週末は通信ゲームを楽しむようになった。500時間かけても終わらないのではないか? とレビューを書いている人がいたが、子供たちの様子を見ているとどうもそれもあながちハズレではないように思う。

夏休みが終わってルイーダの酒場は閉鎖されるのだろうか? 
今後開発されるゲームにもこうした「すれちがい」機能搭載が検討されることは間違いないだろう。

パパは今日もまたたまごっちの子守をさせられた時のように、「よびこみ」状態に設定されたDSをかばんに入れて出勤していく。すれちがい数が100を超えると「嵐の呼び込み師」。500で「すれちがい大使」、1000で「特別親善大使」の称号をもらえるのだという。我が家の夏はまだ終わらないのかもしれない。

韓国マジコン率7割
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090331_ds_korea/

韓国からハリウッドの映画会社撤退
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=6&ai_id=91495

posted by: 池田@ママ | ゲーム | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
覚醒剤ショック! なぜ、今騒がれる理由
JUGEMテーマ:


酒井法子容疑者が覚醒剤所持でついに起訴された。彼女はなぜ逮捕されたのか。杓子定規に「やってはいけない」というのではなく、世界的な薬物対処の事例から今回の事件を考察する。

■ 覚醒剤って何?

脳内を刺激する「向精神剤」の一つで、摂取することで脳内にドーパミンを発生させ、脳神経系に作用して心身の働きを一時的に活性化する薬である。風邪薬からや漢方生薬のマオウから作ることもできるそうだ。

写真素材 PIXTA
(c) MICUI写真素材 PIXTA


実際に使用すると「眠らずに起き続けることができ」「集中力が増す」という説が有力で、「切れ目」といわれる、薬が切れたときの禁断症状の危険性があげられる。肝炎になるという説は「注射器を使いまわすため」であり、歯がぼろぼろになるというのは「歯を磨かずに長時間起きているため」ともいわれており、覚醒剤だけが原因ではないようだ。

写真素材 PIXTA
(c) 883写真素材 PIXTA


子供たちには「一生懸命頑張って成功したら「うれしい!」という強い気持ちが生まれるけれど、この薬は頑張らなくても「うれしい!」という気持ちを作り出すことができる。頑張らなくてもうれしい気持ちになるのだったら、誰もグウタラで何もやらなくなってしまうでしょう」と説明している。

■ 今回分かってしまったこと

酒井法子容疑者の行動を逐一マスコミが報道してくれたので、覚醒剤については色々分かってきた。

・5年以上も覚醒剤を常習しても中毒になり禁断症状が出ることはない
・6日以上逃げ回れば覚醒剤反応を消すことができる
・覚醒剤に手を出しても初回ならば逃げ回っても実刑にはならず、執行猶予の可能性の方が高い。

写真素材 PIXTA
(c) YoDa写真素材 PIXTA


覚醒剤をやると脳に障害が残るので絶対にやらない方が良い。という説がある。

が、塀の中の懲りない面々で有名な作家、安部譲二氏は作家になるまでの間4キロ以上の覚醒剤を使ったが何ともなかったと作品中記載していた。「保存は冷蔵庫で、わたしにとってはタバコや酒と同じような感覚だった」という。覚醒剤は身体に悪いのか? という疑問に鬱病の薬の常習性の怖さを知っている人間としては「絶対にやめた方がいい」と思う。

また、他にも今回大騒ぎになった理由として、「政府が覚醒剤関連の天下り団体を作ったので、覚醒剤というものをあらためて国民に対してアピールする必要性があったため」というものや、「その前に逮捕された押尾容疑者の事件の報道を隠蔽するため」という噂が流れていたが、酒井容疑者はある意味運が悪かったといえるのかもしれない。

3分ほどの謝罪会見は夕方ニュースのゴールデンタイムにライブ中継され、視聴率は4割を超えたという。涙を浮かべつつもしっかりとした口調で話す彼女の姿に、「おそらくは最初に告白本が出て、そのあとに……」という事務所側の思惑が見えたような気がした。

写真素材 PIXTA
(c) kaiyo56写真素材 PIXTA


■ 世界に見る覚醒剤関連法案

日本では初犯は大概執行猶予。では海外ではどうなのだろうか?

アジアでは、極刑になる国もいくつかあり、シンガポール、タイ、マレーシア、フィリピンでは、最高刑が死刑である。中国、韓国では、営利目的のケースでは最高刑が死刑で、欧米は、それほど厳しくないものの、イギリス、フランスが最高で無期懲役、アメリカが最高で終身刑になっている。勿論これは建前での刑である。

覚醒剤は作成にかかる費用の数百倍、数千倍で売れることから、覚醒剤は「暴力団の資金源」だからいけない。という説が有力だ。禁酒法により酒が禁止されたためブラックマーケットが形成されてしまったという過去の事案から、「覚醒剤を禁止するから、暴力団の資金源になっている。という判断から覚醒剤より軽度の麻薬であるソフトドラッグ。「大麻所持では逮捕しない」という国も存在する。オランダやイギリスなどがそうだ。

よくよく話を聞くと、違法ではあるが、逮捕されても警告程度で済むという話であるが、イギリスにおいては、大麻の規制を2008年にCからBにするという法律が成立しているので、数年前の風評をあてにして手を出さない方が賢明だ。

■ じゃあオランダで大麻を! と思ってはいけない

写真素材 PIXTA
(c) back写真素材 PIXTA


オランダのカフェでは大麻が自由に吸える! というのは結構良く聞く話だ。ある歌手は大麻を吸うためだけにオランダに良く行くという。

しかし日本の大麻取締法には「みだりに、所持し、譲り受け、又は譲り渡した者は、5年以下の懲役に処する」とあり、オランダに行ったからといって日本人が自由に吸えるのかというとこれは大きな間違い。刑法二条により、国外での行為についても訴追される可能性があるのだ。たとえそうした経験をしてもブログなどで自慢げに風潮したりとしたことは慎んだことが良いだろう。

ちなみにオランダのカフェでは「大麻マフィン」「大麻クッキー」なども販売されており、タバコ一本は大体1700円ぐらいだそうだ。

【参考】
【覚醒剤】
覚せい剤取締法は、覚醒剤の濫用による保健衛生上の危害を防止するため、覚醒剤及び覚醒剤原料の輸入、輸出、所持、製造、譲渡、譲受及び使用に関して必要な取締りを行うことを目的とする日本の法律である(同法1条)。
主な刑罰
覚せい剤の使用…10年以下の懲役(第41条の3)
覚せい剤の所持、譲渡、譲受…10年以下の懲役(第41条の2)
覚せい剤の輸入、輸出、製造…1年以上の有期懲役(第41条)
覚せい剤原料の輸入、輸出、製造…10年以下の懲役(第41条の3)
覚せい剤原料の使用、所持、譲渡、譲受…7年以下の懲役(第41条の4)
覚せい剤、覚せい剤原料の没収…(第41条の8)

【刑法第2条】
この法律は、日本国外において次に掲げる罪を犯したすべての者に適用する。

posted by: 池田@ママ | 健康医療 | 08:57 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
レンタルビデオ商戦
JUGEMテーマ:DVDマニア


数年前から、ツタヤのディスカスというものに参加していて、レンタルビデオは自宅のポストに届くようになった。延滞料はなく、夏休みは「スポットレンタル」で格安で子供向けアニメを借りることができる。

■ レンタルビデオは宅配で?

そもそもはライブドアの社内ビジネスからの提案から始まったといわれている。インターネットで見たい映画を選択し、自宅に届けてもらい見終わったあとはポストに返却というシステムは借りる方、貸し出す方双方にメリットをもたらした。

写真素材 PIXTA
(c) naka写真素材 PIXTA


夜遅くまで働く人はわざわざレンタルショップまでビデオを借りに行く時間がない! もしインターネット経由で予約をしてポストに返却できたら……。現在事業は軌道にのり、TV CMまで流れるようになった。宅配で運んでくれるサービスはディスカスだけではなく、DMM、ぽすれん、楽天レンタル、GEOLANDなどがある。

■ 通常のレンタルショップは大打撃!

延滞料もなく自宅に届けられるというシステムは画期的で、通常店舗のレンタルショップは大打撃を受け、財務力のあるゲオに吸収されていった。最近ではレンタル用のDVDを買い取るのではなく、PPTシステムというものが導入されるようになり、レンタルによる売上げに対してロイヤリティの形で配給会社に支払われるシステムが導入されるようになった。こうなるとシステムを持たない小さな会社などは到底太刀打ちできない。

写真素材 PIXTA
(c) みくぽん写真素材 PIXTA


■ ゲオがしかけた旧作1本100円

かくして、レンタルビデオ業界では「ゲオ」「ツタヤ」の2強対決となった。この夏ゲオがツタヤに仕掛けたのはディスカスのスポットレンタル、16枚借りれば一枚200円を上回る

写真素材 PIXTA
(c) WORST写真素材 PIXTA


旧作一本100円!

である。これには「既存の体力のない小店舗」はたまらない。今までもゲオは月に一度100円セールをやっていたが、ずっと夏の間はこの値段なのだ。レジは平日の昼間に行っても大行列。「あの夏がレンタル業界の天下分け目だった」といわれるのではないかという盛況ぶり。株価もどんどん上がり続け、一時は上場最高値の7万を超え、102,100円に乗った。リーマンショック以後、53,800まで下がっていたのが大躍進である。

かくして8月末終了予定であったキャンペーンは10月末までと伸び、更に現在は年末まで延長が決定した。

このキャンペーンでは、単純に売上げを伸ばすだけでなく

・値下げ競争力のない小店舗に打撃を与えること
・「借りようかどうしようか」と思っているユーザーを掘り起こし、店舗に足を運んでもらうこと
・店舗登録の会員数を増やすこと

などが目的としてあったのではないかと考えられる。株価が上がったのも株主優待のカードを持っていれば「安くなったレンタル料金から更に半額になる!」ことも一つ影響しているのではと思う。わたしもあまりの安さに度肝を抜かれ、あまり借りる気のない映画もついつい借りて帰ってしまい、あとで作戦にはまってしまったことに気がついた。

またゲオは7月末にはツタヤとの差別化を図るためか、自動車保険の見積もりなども店舗で行うことを発表している。もはやただのレンタルショップではない。今後の動向にも注目していきたい

【参加】
ゲオ
http://www.geo-online.co.jp/
ツタヤ
http://www.tsutaya.co.jp/index.html
PPTシステム;映画制作会社からソフト(=フイルム)の使用許諾を得たリース会社(=配給会社)は、レンタルビデオ店(=映画館)に対してソフトのリースを行い、レンタルビデオ店は貸出実績(=入場料収入)に応じて売上の中からロイヤリティをリース会社に支払い、リース会社は制作会社へ使用料を支払う。主にTSUTAYAが導入している。
ゲオの場合は同様のシステムを「レベニューシェアリングシステム(RSS - Revenue Sharing System)」と称している。

posted by: 池田@ママ | 営業マーケティング | 08:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2009年サマーキャンプを報告する!


あれよあれよと夏休みが終わり、子供たちは5回のキャンプに参加。無事全ての行事を終え、今年の夏を総括したい。

■ なぜキャンプが5回になったのか

そもそも「サマーキャンプ」などは、一回も参加すればよいのに、なぜ今年は5回も参加
する事になったのか。それは現在習い事をしている教室からのイベント参加が増えたことに他ならない。

・ ファミリーキャンプ(家族・集団で参加するキャンプ 千葉マザー牧場)
・ 空手合宿(清里高原)
・ サマーキャンプ(伊豆黄金崎 平成ガキ大将養成キャンプ)
・ 水泳キャンプ(水泳教室の建物でキャンプ)
・ 千葉館山、家族でキャンプ

「でも合宿ってキャンプじゃないよね」
「英語と日本語の違いだけ。英語で合宿はキャンプだよ。日本ではキャンプ=テントで寝る! 的なイメージが強いけれど 意味的に大きな違いはないと思うよ」

写真素材 PIXTA
(c) pinoparu写真素材 PIXTA


■ 低学年が多く、中学生はほとんどいない

家族で参加するキャンプはともかく。キャンプの傾向としては「低学年」が多く「高学年は少ない」という傾向が見られ、企業が主体となって実施しているサマーキャンプではなんと「4歳!」幼稚園の子供の参加さえもあった。高学年はキャンプのほかに楽しいことがあるからなのか。子供が小さい頃の方が親の教育が熱心なのか分からないが、6年生で参加した娘は「高学年で参加すると手伝いが増えるので大変だからじゃないか」という。

写真素材 PIXTA
(c) guriken写真素材 PIXTA


なるほど。空手のキャンプでも高学年は「リーダー」という名目上、低学年の面倒を見ることを強制されていた。料理を作れば、鍋釜をごしごしと洗うのは「高学年」の仕事だ。低学年の子供は「お客様」扱いなのはずるい。というのが意見だが、それは「キャンプ参加者の高学年が減る理由」としては弱いと思う。やはり

・ サマーキャンプというイベントがあることを知らない
・ 夏期講習などキャンプ以外にやらなくてはいけないことが増えている
・ 子供だけとはいえ、かかる費用がばかにならない(4万円から5万円)

などがあげられるのではないかと思う。

■初回参加より複数参加の方が 良いのか悪いのか

初めてキャンプに参加する! という子供よりも二度目、三度目に参加という子供の方が「なれ」があり、行動が大胆になってくる。放送用のマイクを持って暴走し、夜中に愚連隊のように集まって「肝試し」という名の不思議な大名行列をする子供。キャンプというものは「不自由さを楽しむ」ものだという。子供たちは何もないところで、いかに楽しく遊ぶか、初めての友達といかにして仲間となっていくのかを学んでいく。

ただキャンプでの知り合いというのは「一回」のみの関係で、その後も続くかというとまず続くことはまずないのも不思議な話だ。キャンプの特殊な環境での関係というのは実生活にはあまり合致しないものなのかもしれない。

写真素材 PIXTA
(c) yychs写真素材 PIXTA


■キャンプネーム

今年一番人気の「キャンプネーム」はポケモンの映画に出てきた「アルセウス」で、時には一回のキャンプに3人もの「アルセウス」がいることもあった。毎年キャンプネームを変える息子は名前を覚えてもらえないが、そうした子供は結構多く、キャンプネームが流行に左右されるのは相変わらずのようだった。

■ 普段見えていなかったもの、見てみぬふりをしていたものが、見えてくる

キャンプに参加すると「普段していなかったこと」をしなくてはならないということに追い込まれる。「服をたたむ」「食器をさげる」「片づけを自分でする」親にやってもらうのが当たり前で、意外と基本的な生活のための作業ができないことに気がつく。

「はやと君は時々うそをつきます」
「みきちゃんは突然どこかに行ってしまうことがあります」
「困難を乗り越える前にあきらめてしまいます」

そういわれてみると……。寝食を共にした人の言葉は重く、貴重だ。幼少時でも年に1回程度は親から離れて生活するのはある意味とても重要なことのように思う。

写真素材 PIXTA
(c) タケ写真素材 PIXTA


■ サマーキャンプを応援するひとたち

キャンプといえばカレーだが、今回のサマーキャンプではルーのメーカーがスポンサーに入り、子どもたちに「お土産」を手渡していた。またドイツの高級車メーカーベンツはサマーキャンプに車両提供する他に、熊さん模様の光が当たると反射し位置を車両に教えてくれる防犯キーホルダーをプレゼントしていた。これは内部にフレネルレンズを組み込んだもので、作りからして安いものではない。「サマーキャンプに参加した子供たちが将来の顧客になることを見込んで」のことであろう。

サマーキャンプ主催側のお姉さんにこの仕事をしている理由を聞くと「小さい頃にサマーキャンプに参加して、とても楽しかったのでその喜びを他の子供たちにも伝えたいと思ったので」といっていた。

■次はシルバーウイーク! スキーキャンプ! 雪遊び!

サマーキャンプはやっぱり楽しかった。来年もガンガン参加するぞ! いやいや、次はスキーキャンプだ! シルバーウイークにある栗拾いだ! と気勢を上げる子供たちに恐怖を感じつつ、今年のサマーキャンプの日々はようやく終わりを告げた。

キャンプネーム;人種差別が起こらぬようアメリカで始まった習慣。名前によっては出身地が判明し差別につながるそう。日本でも横文字の名前が多く、あまり長いと途中で割愛され短くされてしまうことがある。

写真素材 PIXTA
(c) iku写真素材 PIXTA


posted by: 池田@ママ | 子供教育 | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
書店営業ビジネスを考える
JUGEMテーマ:気になる書籍


猛暑に大雨と不安定な気候は営業担当泣かせだ。10月に新刊発売を予定しているため書店営業にいそしむ今日この頃。出版不況はすさまじいとよくいうけれど、勢いのある店と換算としている店とでは格段の差があることに気がつく。出版不況の最中、やはり書店は「駅に近く」「大型化」したものが生き残っていく傾向がある。

写真素材 PIXTA
(c) habadesign写真素材 PIXTA


■そもそも、書店営業ってなに?

簡単にいえば、「書籍の説明を書いたチラシを持って、各書店回ること」である。

出版社によっては「書店営業要員」というのを確保していることや、また、出版社によっては、著者が勝手に書店を回ることを嫌うことがあるので、本を出したことがあっても「書店営業をやったことがない」という人は多い。

写真素材 PIXTA
(c) シキナ写真素材 PIXTA


書店に行き、チラシを渡しそのジャンルの担当者がいれば簡単に説明し、書店への配本を依頼する。その場で冊数と「番線」といわれるハンコウを押してもらえることもある。書籍は「委託」扱いなので、大体著者が行けば、3-5冊は注文を入れてくれる。著者によっては全国行脚して「1000冊」の書店注文を集めたという人もいるし、本格的に書店営業を展開する会社であれば、「一冊につき5000冊の注文」を集めることもある。

ただ地方在住の人にいわせると、書店にチラシを持っていっても「何ですかそれ?」「押し売り?」「悪徳商法?」「うちは本社からの配本以外受けていない」といわれることもあるそうだから、書店を回って注文数を集めるという方式は「日本中どこでもやっている」ことではないのかもしれない。

なぜこのような手間のかかる「書店営業」をするかというと、パターン配本といわれる取次ぎの配本だけでは箱に入れられたまま「ジェット返品*」されることが多々あるからだ。FAX DM*などは新聞チラシと同じ扱いなので、届いても注文を入れてくれるとは限らない。やはり直接会って担当者に顔を見せお願いした方が確実においてもらえる上、「自分が注文した」という自覚を持ってもらえるので、パターン配本よりも置いてもらえる期間が長くなる。

配本されたら本が確実に並んでいるか確認をしに行き、販売促進用の手書きPOP*などを渡し、「返本されないよう」無言のお願いをする。書店営業を専門にやる会社も存在する。これは「注文をとってきた冊数」に対して報酬を支払うものと、期間を指定して営業をお願いする方式がある。

■ 書店はまず上を目指した

書店といえば、昔は「人を集めることができるコンテンツ」だった。よって「デパートの上のほうに人を移動させるために」大体最上階に書店は作られた。密集化を防ぐために「○○キロ以上、離れていなければ書店を作ってはいけない」という取り決めもあるらしい。駅を降りれば大体どこでも書店があったものだが、今は「何もない」駅も決して珍しくはない。

写真素材 PIXTA
(c) たいじゅ写真素材 PIXTA


現在最上階にあるような書店は「昔からあるような」書店が多い。本の流れは古く勢いがあまりない。現在はわざわざ本を買うためだけに上の階に上がってくる人は少ないのだ。

■書店で売られているものはどこも同じ=駅により近い方が有利

書籍を購買するパターンとすれば、わざわざ書店に行くというよりも、通勤通学の帰りに書店によるというケースが一番多いのではないだろうか。かくして「デパートの最上階」から書店は「より駅に近い場所」へと移動していくこととなる。駅ビルの中、そして最近は「駅構内」にも書店がある。購買機会を増やすといった点からいえば、これにかなうものはない。かくして「駅から離れた」書店は次々と消えていくこととなる。

最近は個人経営の書店はほとんど見なくなった。有名なチェーン店の支店という扱いがほとんどだが、おそらくは駅近い場所は地代が高いため維持しきれないのであろうか。たとえ商品が委託でやってくるとはいえ、「本が好きだから」と書店をやるには難しい時代なのかもしれない。本が一冊売れたときの書店の取り分は大体2割。1000円の本が一冊売れて200円と考えると、時給900円のアルバイト一人雇うには36冊の本が売れなくてはならない。そう考えると熱心に配本された本を棚に並べて……。という作業は段々しんどくなってくるのかもしれない。

■ 本が売れない時代

写真素材 PIXTA
(c) スーさん写真素材 PIXTA


本が売れなくなった理由は色々とある。
インターネットが広がったこと。フリーペーパーが増えたこと、そして携帯電話を一人一台持つ時代となり、電車の中ゲームをしている人、そしてデジタルコンテンツを携帯電話で見る人と「電車に乗って本を読んでいる人」というのは少なくなってきた。

規模は10年前の2倍になっただけなのに、配本数は4倍に増えた。単純計算であれば「売れる数は半分」になって当たり前なのだ。

駅近くでの優位性を求めなかった書店は、より大型化し「ビル一つが書店」というケースも既に珍しくなく、「そこに行けば何でも手に入る」という書店の方が売れている。地上階ではなく「地下」に書店があるケースも珍しくなくなった。書店は確かに減ってはいるが、販売面積はどんどん増える傾向があるという。

コストを考えると「書店営業をしたほうが人件費で赤字になる」という人も多い。今後は「書店営業をして実際に動いてくれる著者」が出版社に好まれる時代になるように思う。本は出版社だけが売るのではなく「著者と協力して売る」。このハイテクの次代に、汗水たらして云々ははやらないのかもしれないが、今は文章力や経験則とは別のものが求められるようになってきている。

【参考】
ジェット返品;新刊の委託期間は半年だが、配本された翌日に返品されることをいう。箱を開けて中身を確認すらせず、そのまま返品されることも。

FAX DM;書店宛にFAXにてチラシを配信すること。全国の書店リストというのがアルメディアという書籍から出ているが管理上の問題もあり、FAX DM専門業者にお願いする人も多い。出版社によっては自社で書店のFAX番号を管理しており、広告配信用に使用している。

販売促進用の手書きPOP;10*5程度の本の簡単な広告のこと。場所によっては書籍の隣に飾ってくれるので販売促進効果がある。ベストセラー作家でもこうしたPOPを自分で作成し書店に配ることがある。

写真素材 PIXTA
(c) higashizawa写真素材 PIXTA


posted by: 池田@ママ | 営業マーケティング | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |