Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    匿名 (04/19)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    鈴蘭 (05/30)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ドロップ (06/09)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ゆうと (06/06)
  • 少子化 20-30歳の6割が子供いらない
    匿名 (05/28)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    結香 (11/07)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    カノン (10/20)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    さくら (10/17)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ひー (09/12)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ころね (05/28)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
NPO法人で気軽に習い事


「うちはお金がないから習い事はできない!」
という人がいますが、これは大きな間違い。
確かに涙が出そうなほど高い習い事はある。が、小学生の習い事に関していえば大まかに

■NPO法人という形を取り「お母さんたちの力で営業」している所
■商業的に組織的に営業されている所

の二種類が存在する。
前者はサッカーや野球などで、公共施設を使って週3回程度練習の日があっても月1500円から2000円ぐらいと格安。後者は5000から1万円と高いが、親は運営の手伝いをしなくてよいので、肉体的負担が軽いというメリットがある。

写真素材 PIXTA
(c) macha写真素材 PIXTA


■NPO法人とは?

NPO法人
「NPO(NonProfit Organization)」とは、ボランティア活動などの社会貢献活動を行う、営利を目的としない団体の総称です。このうち「NPO法人」とは、特定非営利活動促進法(NPO法)に基づき法人格(注1)を取得した「特定非営利活動法人」の一般的な総称。
法人格の有無を問わず、様々な分野(福祉、教育・文化、まちづくり、環境、国際協力など)で、社会の多様化したニーズに応える重要な役割を果たすことが期待されている。

運営側もNPO法人という形にすることにより、団体が契約の主体となり公共事業への参加が容易になるというメリットがある。しかも、収益を目的としない団体の場合は「税金がゼロ」になるそうだ。

なるほど。息子の空手の大会に参加した時、ふと頭を上げた時、各流派の先頭部分に「NPO法人」とまるでご利益のあるお守りのように書かれている理由が分かってきた。絵の教室も良く見れば先頭に「NPO法人」と書かれている。

安く知識を得られるのであればとてもありがたいこと。調べてみると結構NPO法人系の習い事というのは存在する。親が「役員」という名の雑事をする必要が出てくるのだが、そうお金をかけずに技術を習得することができるので、とてもありがたい。

■どちらが良いということは一言ではいえない

どちらが専門的な知識を得ることができるのか? お勧めなのか? といわれると、小学生の習い事にそこまで「技術習得」を求めるのかという問題になってくる。あとは家庭の予算しだいでお金がある人は勿論通常の教室に通った方が楽だと思う。が、どちらかというとスポーツ系の習い事はNPO法人系が多いような気がする。公共施設を借りて練習をしている際、壁に

「最近、月謝等の費用を取って活動している団体が見受けられます。こうした団体は使用を許可されないので、早急に退会してください」

と書かれていた。あれ? うちの団体月謝とっていますよね。いいのですか? と聞くと

写真素材 PIXTA
(c) GOETHE写真素材 PIXTA


「うちはNPO法人だからいいのです!」

との回答があった。 ??? 楽天で買えば750円の帯が2000円なのも「利益は会に入りますから」という理由で他で買うのは禁止。特に空手の場合は「試験に受かり師範から帯を授かる」という意味合いが強く、使わなくなった帯を友達から貰うというのも禁止だという。お金を払って「サズカル」。意味を深く考えてはいけないらしい。日本語はとても難しい言語なのだ。

■ そしてNPO法人は決算報告を公開しなくてはならない

現在は決済報告もインターネット上公開されており、誰でも自由に見ることができる。

神奈川県の場合はこちらで検索が可能
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/02/0223/npo-etsuran/index.html
全国版はこちらで検索が可能 ただしこちらは決済報告までは見られない
http://www.npo-homepage.go.jp/npoportal/Portal_search

もし自分が所属しているNPO法人の情報知りたい人がいれば「代表者名」で調べてみると良いと思う。往々にして正式名称と呼称が違うことがあるからだ。また代表者名もペンネームではNPO法人に登録できないので、実名で検索することが必要となる。

調べている内にふと、今通っている空手教室は会計報告を発見した。下世話であるが師範の年収は300万。自宅なども事務所扱いとなっており、こまごまとした経費を入れて500万を超えない規模で活動していることが分かる。

「やっぱりあんまり儲かってないんだねえ……」

具体的な数字を挙げれば、NPO法人の空手の教室は週3回通って4000円前後。企業が運営している水泳教室は週1回で約7000円。しかし一番高額なのは「ケーキ教室」で月一回1年分前払い、13万円というものがあった。この金額になってくると積極的に契約をするよう「小学生に対してでも」容赦なく営業をかけてくる。お稽古内容が金額に比例することはないが、価格に対し強烈な商業主義が混じってくることは間違いないようだ。

posted by: 池田@ママ | 子供教育 | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック