Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    匿名 (04/19)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    鈴蘭 (05/30)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ドロップ (06/09)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ゆうと (06/06)
  • 少子化 20-30歳の6割が子供いらない
    匿名 (05/28)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    結香 (11/07)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    カノン (10/20)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    さくら (10/17)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ひー (09/12)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ころね (05/28)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
野良ネコのタンゴ
小さい頃から、鳥、犬、ウサギといろいろな動物と楽しく育ってきたけれど、「ネコ」に関してはトンとご縁がなかった。庭にアヒルなどを飼っていた影響だろうか「食べられてしまう」という危険性が高いので玄関先にネコの姿を見たとたん、怒鳴り声を上げて駆け出す。というのが当たり前だと思っていた。

■田舎の野生ネコ

もしかしたら、野良ネコという表現は違うかもしれない。野生のネコ。人に関わらず生きているネコたちというのは田んぼや畑のあちこちに存在する。街中のネコと違い、野生のネコの生活は一風変わっている。

彼らの主食は「スズメ」。何しろ田舎なのでゴミ捨て場などは殆どなく、あったとしてもカラスやネコ対策で蓋が占められ、餌場として活用することはできない。

そうした中、彼らは田んぼの物陰に隠れて、スズメが飛んでくるのを待ち捕まえることで食を賄っている。雨の日も風の日も彼らは田んぼの物陰から獲物を狙う。スズメの寿命は2年ほどだそう。人間が餌をあげれば10年以上生きることができるそうだが、その前に捕食されてしまうことが多いそうだ。インコが逃げたら一週間で彼らの餌。野生のスズメですら逃げられないのにのったりした家飼いの鳥が逃げられる筈もなく。小さい頃はスズメの群に本人は「偽装」したつもりなのか、鳴き声を真似したセキセイインコを何度か見たことがある。

■年を取ったネコの行く末

晴れた日、天気が良い日はともかくとして、雨が降り風が強い日となると年老いたネコは餌を獲ることができないそうだ。ションボリとしてお腹を空かせたネコが最後に門を叩いたのは「寄り付けば石を投げられる犬だらけの家」「但し子供は皆自立して留守」の家だった。普通のネコであれば敬遠するところをションボリとした顔で事情を訴える。干物の尻尾でも分けて貰えないだろうか……。と

「鳥がいるんだから来ちゃ駄目!!」

追い払われても追い払われても。
もう行く所がない。命がかかっている。事情を説明し助けてもらうしかないと思ったネコはネズミを捕り、自分がまだ働けることをアピールし何度も何度も頭を下げたという。たまたま戻ってきた子供たちには犬をけしかけられ、棒で追い回される。回数が重なるにつれ、年寄りネコの権利は「たまたまやって来る子供よりは尊重されるべきである」と認められ、一番困るシトシト雨の降る夕方はコッソリと庭先に餌が用意されるようになったという。

■地域ネコという言葉も

保護者のいないネコを守ろうという活動もあるけれど、わたしの知る野生ネコはそれとは別の世界に生きている。年老いたネコはいつしかいなくなり、またしばらくするとどうしても困ったネコが助けを求めに来る。ヨーロッパの古い小説を読むと「ネズミが増えたので、農家にネコを貰いに行ってこなくては」という記述を良く見る。あまり意味が分からなかったが、ネズミ捕りのトリモチを天井に置くよりもネコがいる方が効果があったそうだ。「ネコ絶対お断り」が「どうしても困っているのならやむなし」と判断される理由は「散々悩まされていたネズミ被害を一手に引き受けてくれたから」という。

都会の人間には考えつかないかもしれないが、弱い鳥を狙って田舎ではイタチ、モグラ、ネズミが小屋を襲う。年老いていても生きる技として捕食技術を磨いた野生ネコにそうした小動物が敵うはずもなく。ヨロヨロのネコはいつしか熟練の警備隊長として庭先の警備にあたっているそうだ。先日はなぜか? 困っている子猫を連れて庭先にやってきたという。このネコはまだ小さいので何とか保護してあげて欲しいという意味であったらしい

■動物の言葉を分かろうとする努力

動物の言葉など分からない。分かるという意味が分からない。といわれることがある。
わたしの意見としては言葉というのは自分の意思を補間するだけのものであり、何を伝えたいかは表情を見て手振り身振り、そして目を見て判断します。分からないという前にその動物の気持ちになって考えてみる。餌がないのか、水がないのか、ただ単に遊びたいのか。意思が伝わると分かってくれば動物の方も積極的に意思を伝えてくるようになる。

「この人は話せば分かってくれる」

とはいえ子猫まで連れてくるのは如何なものか……。結局子猫は保護され、警備隊長は「お願いしたかったことはそれだけ」とプライド高くまた冷たい空の元に戻っていったそう。なんともネコとは誇り高い生き物か。ゴミ捨て場を漁る都会のネコを見ていると彼らは全く別の生き物であるように思う。

かくも誇り高い生き物を。野良猫とひとくくりにして考えて欲しくない。


【参考】
地域猫
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E7%8C%AB

地域猫(ちいきねこ)とは、特定の所有者(飼い主)がいない猫で、かつその猫が住みつく地域の猫好きな複数の住民たちの協力によって世話され、管理されている猫のこと。

JUGEMテーマ:かわいい動物たち



posted by: 池田@ママ | 動物 | 09:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック