Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    匿名 (04/19)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    鈴蘭 (05/30)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ドロップ (06/09)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ゆうと (06/06)
  • 少子化 20-30歳の6割が子供いらない
    匿名 (05/28)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    結香 (11/07)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    カノン (10/20)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    さくら (10/17)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ひー (09/12)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ころね (05/28)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
子供手当て 大もうけ? 実は子供を育てるにはもっとお金がかかります……。
 満額では月額26000円の子供手当て。この法案が通ったとき「本当に?」という気持ちに大分なった。子供二人いる我が家では52000円が月額増えることととなる。今までは児童手当で月額5000円。小学校の給食代となって消えていったが今度は違う。子供のいない夫婦は怒り心頭であろうが、そうは世の中うまくいってはいない。むしろ26000円でトントンといったところだろうか。

 小学校の息子を例に上げると、月曜日は公文、火曜日は空手、水曜日は水泳、木曜日は公文、金曜日は空手と習い事に通いまくっている。

 公文(2教科) 6300*2=12600
 空手      5000
水泳 6300
計          23900
 *多少の増減はあるかと思います。消費税額入っている、いない等 
  大体この位 単位は円

 勿論世の中には「小学生の子供にお金をかけるのは無駄」「どうせ身につかないから意味がない」と習い事に一切通わせない親もいる。そうした親は丸儲け? であろうか。しかし「ゆとり教育に問題があった」と指摘される昨今。子供の教育費にという意味であれば非常にありがたいことだと思う。親の負担は軽減されるし、子供たちの希望するままに習い事に通わせることができる。

 幼稚園世代は私立の場合は学費だけで3万を超えるし、中学世代は塾に通えば2万はかかる。
 
 わたしは小さい頃から「日本には資源がない。人間しかいないのだから勉強をしなければならない」と教わってきた。勉強をすることは当たり前であり、新しい知識を得ることは喜びであって辛いことではなかった。悲しかったのは試験でどうしても問題が解けず往生してしまったことだ。

 勉強はある日突然始めてできるものではない。大体最初の子供は「椅子に長時間座る」ことができない。15分椅子に座る訓練からはじめ、徐々に時間を延ばしていく。そして子供の勉強をある日突然親が見ても良くわからないことが多い。特に社会は大分内容が変わってしまった。??? 覚えた頃と年号が違うから始まり良くわからない自虐史観など。逆に算数は簡単すぎてこれで大丈夫なのかという気になってくる。

 勉強している子供としていない子供の差はどんどんついていく。格差が見えないところで生まれてくる。そうした部分を子供手当てが埋められたら素晴らしいことだと思う。「パパがお金を出してくれないから」という表現で習い事をしない理由を語る子もいた。習い事が全てではない。わたし自身娘にピアノや英語を教えていたが、やはり親に教わるのと先生に教わるのは違うらしい。

「でも子供二人育てれば、パート代より高いんじゃないですか」
「そうよねえ」

 そう指摘すると。子供はお金がかかるから育てないといっていた家庭の奥さんがしばし悩んでいた。子供は家を汚すからいらない。手間がかかるから一人いれば十分。といっていた方も再考する余地を見出したようには見えた。気がつけばわたしも子供をまだ作らない弟に「嫁さんバイトに出すより子供産んだ方がいいんじゃないの」とアドバイスしていた。

 日本では「選挙権を持たない」子供にはあまり税の還元を行わず、「選挙権」を持つ高齢者に対して厚遇する傾向が強いという論文を読んだことがある。実感としてもそうだと思う。

 方向はすこしずれていても子供手当てで少子化が止るのであれば、それはそれで良いと思う。ただ外国人にお金を出すのは反対。首相は「日本は日本人だけのものではない」というけれど、日本人が出した税金は最低限日本人の子供に還元される仕組みにしてくれないと不快に思う人間は多いのではないだろうか。児童手当も元々は「日本人限定」だったのが社民党が「国際基準に準所すべき」と騒ぎ、「外国人も可」という仕組みになったそうだ。これはやめて欲しい。

 本年度実施で、来年度は見直されるそうだけれど。できれば良い方向に補正されて続いて欲しいと思うしだいである。

posted by: 池田@ママ | 子供教育 | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック