Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    匿名 (04/19)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    鈴蘭 (05/30)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ドロップ (06/09)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ゆうと (06/06)
  • 少子化 20-30歳の6割が子供いらない
    匿名 (05/28)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    結香 (11/07)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    カノン (10/20)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    さくら (10/17)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ひー (09/12)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ころね (05/28)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
小沢代表が飼っているのは文鳥だ!
JUGEMテーマ:文鳥さん


少子化が進み、ペットを飼う人が増えた。書店での「癒し系」と呼ばれる写真集の中で一番人気はダントツで「猫」、その次が「犬」で続いて最近は「アルパカ」「豚」などがある。

■猫の写真集が多い理由

日本で一番飼われているペットは「犬」なのに、圧倒的に「猫」の本が多い理由は「猫が好き」と答えたのが「女性」であることに起因しているように思う。男性が癒しのために「犬」の写真集を買うことはあまり考え難い。書店側もそうしたことを考慮してか、ペットの写真集は女性向けの棚の位置にあることが多い。購入層は圧倒的に女性で9割を超えるのではという書店員もいた。

写真素材 PIXTA
(c) forte写真素材 PIXTA


■ 以前は4割以上の飼育率を誇った「鳥類」、今は1割以下!

ペットを飼わない理由を見ると、「十分に世話ができないから」を挙げた者の割合が46.5%と最も高く,以下,「死ぬとかわいそうだから」(35.0%),「集合住宅(アパート・マンションなど一戸建てでないもの)であり,禁止されているから」(24.6%),「家や庭が汚れるから」(16.9%),「動物が嫌いだから」(16.8%)などの順となっている。

写真素材 PIXTA
(c) もちとち写真素材 PIXTA


鳥類のファンが減った理由は「世話」の問題よりも「死ぬとかわいそうだから」というものが多いように思う。鳥類は特に生まれて1-2年とても弱い。核家族化が進む現代において「死」というものに向き合う機会はそう多くない。ペットの死に直面して、それ以後飼う気がなくなってしまったというのは珍しい話ではない。

しかし、最初の段階を過ぎるとセキセイインコで7-8年、オカメインコで15-20年と長い寿命を誇る。セキセイインコなどは繁殖率も高く「気がついたら増えていた」ということも珍しい話ではなかった。わたしも幼い頃「増えすぎたからあげる」と友達から良くセキセイインコやウコッケイ、シャモなどいろいろな鳥類を貰ったものだった。

■ 民主党の小沢一郎氏も毎朝鳥小屋を掃除するそう

昔は家に犬がいて、鳥がいて、猫がいてということが珍しくなかった。

写真素材 PIXTA
(c) しまりす写真素材 PIXTA


民主党の小沢一郎氏宅には柴犬の「クロ」と「チャイ」がいることは有名な話であるが、最近流れたニュースでは「鳥」も飼っているそうだ。嬉しくなって調べてみると、発言にその比喩が入っているものを発見した。

「僕は自宅で小鳥を飼っているが、親鳥はヒナが大きくなるまでは一生懸命に世話をするが、一定の時期がくると冷たいほど突き放して巣立ちさせる。ニートの親は動物にも劣るといっても過言ではない」

では種類は何を飼っているのだろう? 公式ホームページを調べると地道に調べるとどうやら「文鳥」というのが有力であるようだ。かなり若い頃から飼っており繁殖にも成功しているようだ。

■鳥類の撮影は非常に困難

とはいえ、全人口の36パーセントがペットを飼い、その8パーセントが「鳥類」を飼っているのだから、計算すると380万人の人が何らかの「鳥類」を飼っているのだから決して少ない数字ではない。ではなぜ写真集がないのだろうか。理由は実際に写真を撮ってみると分かり易い。

鳥は非常に「臆病な生き物」であり、そう簡単に写真を撮らせてくれない上に、「より撮影に向くように」明るい光をあて、太陽の光の上で撮影したりなど「パニックを起こし暴走」する可能性があり、生死問題に関わってくる。

とはいえ、最近はブログにて「自慢の鳥」の写真をまめにアップする人も少なくない。鳥類の写真を上手に撮ることができるのは「飼い主」をおいていないようだ。

■そして娘はオカメインコを選んだ

鳥は犬、猫に比べて空間を取らない。娘は鳥の図鑑を熟読し、「一番なついてくれそう」という判断から「オカメインコ」を選択し飼い始めた。セキセイインコなどはどちらかというと「気が強い」のに対し、オカメインコは「おびえ体質」。既に2匹殺したが、3匹目はもう3年目に入る。オカメインコ以外を飼う気はなく、来年には「旦那さん」のオカメインコを迎え、繁殖に挑戦する予定だという。これ以上はやめて欲しい……。鳥好きは一度はまると終わりがないようだ。

写真素材 PIXTA
(c) kaoru kiyomi写真素材 PIXTA


【参考】

動物愛護に関する世論調査
http://www8.cao.go.jp/survey/h15/h15-doubutu/index.html

文鳥を飼育する小沢氏
* 公式HPに公開されている写真 
「こちらも付き合いの長い文鳥」と記載
http://www.ozawa-ichiro.jp/profile/pictorial07/92.htm

夕刊フジ連載 2005年 第226回 3月25日(金)
>「ニート激増、85万人」「漠然と他人に寄生して生きるなどとんでもない」
>「甘やかせた親が最も悪い」「家から追い出して自活させよ」
http://www.ozawa-ichiro.jp/massmedia/contents/fuji/2005/fuji20050419134025.html


こわもての小沢代表“こわもて”小沢氏 鳥好きの意外な一面も
>東京都世田谷区の自宅の庭では、犬などのほかに数十羽の小鳥を飼育。
>毎朝、小沢氏自ら小屋のフンを掃除し、エサを入れ替えるなど世話をしていた
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2009/09/07/05.html

ゆめみるオカメインコプレスリリース
http://www.insightnow.jp/applications/id/81

posted by: 池田@ママ | LifeStyle | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック