Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    匿名 (04/19)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    鈴蘭 (05/30)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ドロップ (06/09)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ゆうと (06/06)
  • 少子化 20-30歳の6割が子供いらない
    匿名 (05/28)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    結香 (11/07)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    カノン (10/20)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    さくら (10/17)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ひー (09/12)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ころね (05/28)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ゲーム中毒にご用心
私の家には同じようなゲーム機がゴロゴロと複数転がっている。最近のゲーム機は「通信」でゲームができるそうで、どうしても人数分ソフトが必要なのだそうだ。

写真素材 PIXTA
(c) かずお写真素材 PIXTA


昔とは大分違うらしい……。

捨ててしまおうと思いはするが、先だってロシアにて40時間連続でゲームをやり続けた結果として救急車で運ばれるという事件があったことを思い出し、手を出すことはやめた。

彼がなぜ40時間もの間ゲームをやり続けたのか……。それは時系列的に説明すると

■母親にゲームを取り上げられる
■くやしい
■両親が旅行に出かける
■チャンス! とばかり隠されたゲーム機を取り出しゲームを始める
■気がついたらトイレに行くのも忘れ、40時間ゲームをやり続けてしまった

これはアメリカの少年です
データを母親に消されて狂っている




世界で一番太った人間というのも、ダイエット→拒食→大食いを繰り返した結果であるというしとかくストレスが溜まった人間というのは「常識では考えられないこと」をするようだ。

先日も「母親にネットゲームのアカウントを削除されて狂ったようになっている男子学生」がYoutubeで話題になり50万ヒットを超えたという話があったけれど、単純に親の論理で「排除」をした場合予想を超える現象が起こっている。

なぜゲームがいけないのか。

勉強をする前にゲームをするとゲーム脳となり、アルファ波が少なくなり集中できなくなるから。寝る前にゲームをやると、脳だけ動いて身体が動いていない状態が続いているので寝難くなることなどを説明。しかし、この「ゲーム脳」については根拠がないという説も有力だ。小学校の方からもここ数年はゲームのやりすぎに関して指導はあまり行われていない。

写真素材 PIXTA
(c) あはは星人写真素材 PIXTA


携帯型ゲームはともかくとして、子供たちにはネットゲームにだけは手を出さぬよう。目を光らせている。ゲームを制限するのであれば、家庭内でのルール作りをすることもとても有効だ。「漢字の書き取りを2ページ」「2時間ゲームをしたら1時間は休憩を取る」など。ルールを守ることによって、自分の権利が守られることを理解させる。
かくしてゲーム好きの子供たちは「出先の旅行先」へさえも、高速道路で暇なときにゲームをする権利を得るために、書き取りの道具を持参して夜ホテルで勉強を欠かさぬようになる。何かが間違っているような気がするのだけれど、家庭内のルール作りは親の思ったとおりにいかない

過去にゲームにはまり、夜中ドラゴンクエストのレベル上げに明け暮れた日々を思い出しつつ、不況で残業が減った、旦那は今日もまた「モンスターハンター」の狩に出かけて行った……もうヤメテクレ……アンタイクツダイ……

35歳のネトゲ廃人
*150kになったそう(50キロ増)
 よく撮らせたなという印象があります



posted by: 池田@ママ | ゲーム | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック