Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    匿名 (04/19)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    鈴蘭 (05/30)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ドロップ (06/09)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ゆうと (06/06)
  • 少子化 20-30歳の6割が子供いらない
    匿名 (05/28)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    結香 (11/07)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    カノン (10/20)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    さくら (10/17)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ひー (09/12)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ころね (05/28)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
グリーンカードはとれません
JUGEMテーマ:アメリカ生活


とにかくアメリカに移住したい! という若い日本人は多い。911テロ以降グリーンカードはおろか留学VISAさえも取得は難しくなってきた。夢を見るよりも現実を。日本のパスポートは世界のどこに行っても優遇される素晴らしい権利だと思うのですが。アメリカに行って結婚すれば取れる? 子供を産めば取れる? 実際はそう甘くはないようで

写真素材 PIXTA
(c) イシコ写真素材 PIXTA


■ そもそもグリーンカードとは?

グリーンカードとは米国の外国人永住権及びその資格証明書のことであり、最初に採用された色が緑色だったことに起因している。これさえあればアメリカにビザなしで滞在が可能であり、就労に関しても制限が発生しない。

大学で勉強することに関してもグリーンカードを持っていれば学費が安くなり有利だという。TOEFLで点数が足りないといった問題からも開放されることとなる。

取得をするのは「自分にしかできない技術がある」と申請する方法や抽選によるものなどがある。友人で毎年業者に依頼してグリーンカードの抽選に応募している人がいるが、5年を経過しても取得はできていない。それもそのはず。応募者数は年々増え続け、有効応募者数/約910万人に対して320人、つまり単純計算すると0.0035%という、まず当たるはずのない当選確率になのだ。

現在日本の芸能界で活躍するデヴィ婦人がアメリカで障害事件を起こし、グリーンカードを諦めたという話を聞いたことがある人もいるかもしれないが、これは「犯罪歴のある人間はグリーンカードを取ることが出来ない」という条件に抵触したからに他ならない。かくしてデヴィ婦人は取得を諦め日本に戻り、現在に至るのだけれど。あの大金持ちのデヴィ夫人でも取れなかったグリーンカード。もし少し考える人であれば、何も財産を持っていない人だったらどれだけ苦労するだろうかと簡単に想像つくところではないだろうか。

■ 市民権との違い

市民権を取るためには3年から5年程度米国に居住する必要があり、日本人である場合は「日本国籍を放棄」する必要がある。これがあると「陪審員権」と「選挙権」を得ることができ、「公務員になることができ」、生活に困れば「生活保護を受けること」が可能となる。こうなってくると、完全なる「アメリカ市民」と認められるようになる。

また市民権を取得した場合は親族(親、子、兄弟)に永住権の優先権が与えられ、一族合わせてアメリカへの移住が可能というメリットがある。

国籍を放棄する必要性や「家族ぐるみの移住までは考えていない」人間が多いせいか、日本人で市民権まで取る人間はそう多くない。アメリカで生まれた子供は21歳までにどちらの国籍を保持するか決める必要がある。

■ 子供を産めば?

以前日本のプロレスラーが「アメリカで出産して子供のためにグリーンカードを取得した!」と自慢げにニュースで語っているシーンを見たが、実は「違法行為」。妊婦の出産を目的とした入国は禁止されている。何しろ子供を産めばその子供は出生地主義に基づき労せず国籍が取れてしまうのだから頑張っている人にとっては非常に不公平。日本でもフィリピンからやってきた違法滞在者が「子供がいるのだから特別許可を!」とマスコミを巻き込んだ大騒ぎをやっていたが、これをまともに認めたら、テロリストにとって格好の入国・滞在方法となってしまう。

写真素材 PIXTA
(c) Ryo.WATANABE写真素材 PIXTA


以前二人目の子供を産んだ直後、体型が完全に元に戻っていない状態でアメリカに入国しようとした際、根掘り葉掘り

「ボーイフレンドの家に泊まるのか?」
「妊娠しているのか?」

と聞かれたことがあり、その時は質問の重要性を考えず「アメリカはセクシャルな質問にうるさいと聞いていたのに不思議だなあ」と思いつつも、適当に答えたが、この時もしも

「子供ができたから彼氏の家に行くの」

などと回答した場合強制送還は勿論のこと、5年から10年ブラックリストに掲載され、アメリカに入国できなくなっていたという。冗談をいわなくて良かった。

■ 結婚してもダメ

では市民権を持つ人間と結婚してグリーンカードを取った後、離婚というはどうだろう? 現在はそうしたケースがあまりにも多いため配偶者には2年限定のグリーンカードが出るというケースが多いという。つまり、2年以内に離婚したら全ておじゃんということだ。

写真素材 PIXTA
(c) yozo写真素材 PIXTA


直近、わたしの友人のケースでいえば、妊娠七ヶ月でビザなしで入国(日本人は90日以内の滞在にはビザ必要ない)結婚した時旦那にグリーンカードがあり、申請中に「市民権」を得、子供が生まれたケースではグリーンカードは降りず、「もっとビザを必要としている人がいる」という回答が来たのが申請から2年後日本に到着するという状態。条件が変われば「結婚すれば取れる」といえることもあるのかもしれないが、結婚=グリーンカード取得可と考えるのには非常に疑問が残る。

■ 維持をするのは条件も

意外と知られていないがグリーンカードを維持するには、一年の半分をアメリカで過ごすほか以下のような条件がある。苦労をして取得をしても、その後の維持ができなければ意味がない。

・ アメリカに年間180日以上滞在する
・ アメリカで納税申告を行っていること
・ アメリカに本拠地となる住所を持っている
・ アメリカに銀行口座、クレジットカードを持っていること

特に納税申告に関しては厳しいそうだ。グリーンカードを放棄した場合も3年間は申告をしなくてはならないという。

■ パラシュートキッズ

中国人や韓国人などの場合は「家族ぐるみ」で戦略的にグリーンカードを取得しているので、まずかなわない。まずアメリカ本土に「一族の中で一番優秀な人間」を送り込み、勉強・就労させ市民権まで取得させ、その後は「兄弟」「両親」と移住してくるのだ。文字通り子供が「パラシュート」を使って荒地に飛び降りて来るがごとく。これは男児女児に関係なく、「より優秀な人間」が選ばれ、飛び立っていくようだ。

「両親」のグリーンカード取得は順番待ちの必要性がないので1年以内におりる。条件にもよるが、兄弟の場合は条件にもよるが、両親とは違い、現在は10年以上はかかるようだ。

グリーンカードなんてそう簡単に取れないよ。

友人がアメリカに旅立つ日に強く語ったことは2年後ようやく証明されたが、指摘されるまでもなく、確かに昔は甘かったのだ。貯金が口座に多少入っていれば留学用の5年ビザなども簡単に取れたし、グリーンカードを持っていて、何年も入国しないでも維持できたということも確かにあったそうだ。

夏休みにハワイにラスベガスに行ってグリーンカードの夢を見たひとがもしもいたら、思い出して欲しい。アメリカは来るものを歓迎する夢の国ではあるけれど、長期滞在する人間は徹底して選ぶ国だということを。

写真素材 PIXTA
(c) Dry Martini写真素材 PIXTA





posted by: 池田@ママ | LifeStyle | 09:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック