Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    匿名 (04/19)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    鈴蘭 (05/30)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ドロップ (06/09)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ゆうと (06/06)
  • 少子化 20-30歳の6割が子供いらない
    匿名 (05/28)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    結香 (11/07)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    カノン (10/20)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    さくら (10/17)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ひー (09/12)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ころね (05/28)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
初体験! スマートインターチェンジ
JUGEMテーマ:車/バイク


高速道路休日千円! いや民主党が政権を取れば完全無料だ! と高速道路に関連した話題に事欠かない日本各地でひっそりと「スマートインターチェンジ」が始まった。夏の旅行をより楽しく快適に。とはいえ人の懐が緩む観光事業にも色々と不況の波が押し寄せているようで

■ そもそもスマートインターチェンジとは

高速道路休日1000円! には、景気を刺激するほかに「ETC*搭載車を増やす」ことが理由としてあげられる。ETC搭載車を増やし、料金所における人件費の節約、停止時間の短縮による渋滞緩和。もう一つは「スマートインターチェンジ」を増やし、渋滞箇所自体を分散させることが考えられる。

写真素材 PIXTA
(c) nobmin写真素材 PIXTA


スマートインターチェンジとは、高速道路の本線やサービスエリア、パーキングエリア、バスストップから乗り降りができるように設置されるインターチェンジであり、ETC搭載車のみ利用することが可能な「ETC専用のインターチェンジ」のことである。2006年から設置が始まり、現在全国47箇所に設置されるようになった。

ある日突然、サービスエリアまたはパーキングエリアから高速道路を降りることができるようになる。簡単にいえば、それが「スマートインターチェンジ」だ。渋滞が好きな人はまずいない。「ここから降りられたら近いのに……」思いが徐々に形になってきたのだ。

写真素材 PIXTA
(c) bluetail写真素材 PIXTA


■ 「君津」スマートインターチェンジを体験!

首都圏近郊ではついに2009年4月、千葉県君津市館山道の「君津パーキングエリア」にてスマートインターチェンジが始まった。しかし、古いカーナビのデータディスクは勿論、携帯電話のカーナビにもまだ情報が掲載されておらず、情報告知は少ない。中継地点「海ほたる」にもポスターが数枚貼られているばかりであった。

実際に体験した君津のスマートインターチェンジはとても小さかった。一車線の小さなゲートがあり、停止をすると「ぱかっ」とゲートが開くシンプルなもので、ゲートの隣には管理塔らしき小さな建物があり、おじさんがこっそりと確認ができるようになっていた。

ゲートを出た後は緑の原野で、「スマートインターチェンジはこちら」といった看板が複数枚張られているばかりで、店舗も何も存在しない。ゲートを通り抜ける際、そっと覗いたパーキングエリアにはトイレと自販機以外は見えず、「スマートインターチェンジができたから」何か新たに始めるといったことは行っていないようだった。ゲートが開いているのは9:00から22:00と限定で、それ以外の時間は使用することができない。

■ 近隣開発 どこにあるのか分からない

君津インターチェンジを降りた地点には観光牧場「マザー牧場」が存在する。

3連休中、スマートインターチェンジ効果なのか、不況の中、安近短が当たったからなのか、通常の7月期の休日と比べ2倍近い人出があった。首都圏から来たという人に色々と話を聞いたが、かなりの数の人間がやはり「スマートインターチェンジ」を利用してきたといい、帰りも「スマートインターチェンジ」を利用して戻る予定だという。「便利」「楽チン」というが、とにかくカーナビに記載がないので、「帰りに東京方面のスマートインターチェンジにたどり着けるかどうか不安だ」という人がかなりいた。

写真素材 PIXTA
(c) ひでロン写真素材 PIXTA


マザー牧場へ通じる道路の整備も始まっており、「マザー牧場の帽子をかぶった」交通整理のおじさんが、2車線化する道路の交通整理を行っていたが、それ以外の大きな開発は見られず、大昔のように「インターチェンジで町興し」といったことは、君津ではなかったようだ。

■ 不況のなかのチャンスなのに

スマートインターチェンジを利用するということは、それまで「高速道路に到達する前にあるお店によってお昼ご飯」といった寄り道的効果がなくなっていく。下りのパーキングエリアに比べ、上りのインターチェンジはそうした観光客のニーズを考えてか、地元の野菜販売を行っていたが、お昼12時の時点でまだ品物を並べている状態。

一つ150円のプリンスメロンに125円の枝豆。安くて新鮮でいうことないのが、農家のおじさんたちがそれぞれ商品を持ち寄っているため、トウモロコシ一つにしても価格がバラバラ。苦情をいっても意味が分からないらしく、現場はかなり混乱していた。

お客はひっきりなしに目の前を通り過ぎていくというのに、「すいませんまだ準備ができていなくて」「まだジュースは冷えていないのです……」というのは、なんとももったいない話ではないだろうか。

■ とはいえ観光事業もそう楽ではないようで

特に「委託」扱いのお土産用品が今年は大きく消えたように思う。マザー牧場では大きな机一つ分ほどの商品が消えて空間となっていた。皆不況で節約をしている中、「どこでも買えるような」ものは売れないので委託しても手間がかかるばかりで、商売にならないのだろうか。「裏側のラベルを見たら中国製!」というお土産品もかなり減った。不況になって、買い手の目が肥えてきたのかもしれない。

写真素材 PIXTA
(c) ライブ写真素材 PIXTA


また、お土産品というのは定価販売が基本であるのにも関わらず、今年は「アクアライン800円記念!」「いまだけ限定!」と割引の商品もいくつか見られた。これから8月本格的なシーズンとなるのだけれど、今までどおり観光地の名前がついた商品を並べていても売れない時代なのかもしれない。

【参考】
ETC(Electronic Toll Collection System、エレクトロニック・トール・コレクション・システム)は、国土交通省が推進する高度道路交通システム。


posted by: 池田@ママ | 営業マーケティング | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック