Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    匿名 (04/19)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    鈴蘭 (05/30)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ドロップ (06/09)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ゆうと (06/06)
  • 少子化 20-30歳の6割が子供いらない
    匿名 (05/28)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    結香 (11/07)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    カノン (10/20)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    さくら (10/17)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ひー (09/12)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ころね (05/28)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
夏休み 子供にお手伝いをしてもらおう! 大作戦
JUGEMテーマ:子供達との記憶


はっと気がつけば夏休み。蒸し暑い家の中子供たちが走り回る季節。小学校の方からも「お手伝いをしましょう!」という一文がプリントに印刷されてやって来る。なんとも抽象的な表現であるが、手伝ってくれるのなら手伝ってもらおう。と単純に考えていると3日で子供が飽きてしまい、お手伝いが終了してしまうことも。さて、どうしたら?

■なぜ普段子供にお手伝いをさせないのか。

これは実際に子供に「家事手伝い」をさせてみると5分でわかる。とにかく危険が高く「親がやるよりも手間がかかり破壊頻度が高い」のだ。わたし自身母の手伝いなど夏休み期間以外、ほとんどした記憶がない。勉強に集中させるため? いや違う。「子供に手伝わせる方が、逆に時間がかかるから」だと子供を産んでようやく気がついた。

写真素材 PIXTA
(c) tomosan写真素材 PIXTA


■ 夏休み期間限定の「担当箇所」を決める

とはいえ今後の人生を考え、夏休みぐらいは「失敗をしつつも」家事をする勉強をしておく必要がある。かくして「夏休みはお手伝い」ということになるのだが。一番多いのは「お風呂掃除」「玄関掃除」などだろうか。

仕事を覚えるためとはいえ、今日はあっち、明日はこっちという形では子供たちは混乱してしまう。ある程度、掃除箇所は1-2箇所に限定して、「今年はお風呂、来年は玄関」という形で固定し、時間も決めてしまうと子供も予定を立てやすい。

神奈川県下の小学校は「毎日掃除」をしているわけではなく、「一日おき」だそうだ。月、水、金の昼食後、それぞれ担当箇所の掃除を行う。家庭内でのルール決めは子供と相談してやるよりも、親が率先して決めた方が簡単にまとまることが多い。

■ お手伝いは当たり前のこと(金銭の授受はなし)

「お手伝いをしたら○○円!」という家庭も多いが、では毎日家事をしているママはもらえるのか? という問題がある。お手伝いは当たり前のことで、手があいていている時は手伝うのが当たり前のことだと子供には教える。ママが一生懸命働いているときに遊んでいるのはおかしくないの? 早く終わらせて皆で遊んだ方が楽しいんじゃないの? と

金銭の授受に関しては、「お風呂掃除一回10円」でやらせて、「お金の重要性を教える方が良い」とする人もいる。

「一週間一生懸命お風呂掃除をしてもジュース一本買えない。でも、ママは毎日やったって10円だってもらえないんだよ」
「でも、もし夏休み中頑張ってくれたら、みんなでアイスが食べられるから頑張って!」 

と。かくして、子供は目を輝かせ、もりもりとお風呂掃除をするという。

写真素材 PIXTA
(c) メタボ君写真素材 PIXTA


■手伝ってあげようか? といわない人に

母親が人にいわれて一番ストレスを感じた一言は「手伝ってあげようか?」という言葉だったという。今の時代、男も女も家事ができなければ生きていけない。将来を見すえ、時間があれば、自然に身体が動くように。かくして、六歳の息子が夕食を娘より早く食べ終えることは年2回もないけれど、食べ終えたときは「ぼくがお風呂掃除やるね!」とかけていくように。特に夏場は海水パンツにゴーグル姿で30分ほど時間をかけて念入りに掃除するので、何かを間違えているような気もするが、「お手伝いを率先してやる」という姿を評価し、特に細かい指摘はしていない。

■ ありがとう。を忘れずに

子供が人にいわれて一番嬉しい言葉というのは「ありがとう」だという。子供が仕事を終えた後は確認をして、失敗をしていても怒ることなく、子供の目線に腰を下ろして「ありがとう」という。

「ありがとう」をいってもらえなくなったから、もう彼氏の家に行っても家事を手伝わない。といっていた友人がいた。人間関係が進んでいくと、徐々に「やって当たり前のこと」となってしまい「ありがとう」ということを忘れてしまう。細かいことになるけれど、子供は「言ってもらった」「もらっていない」ということを決して忘れない。

またその「家事を手伝っていること」というのは大々的に近所のお母さんたちに、できれば子供の前で自慢しよう。アピールする先は「すごいわね」「えらいわね」といってもらえるような優しいお母さんを選択する。「ほめて、ほめて、ほめなければ人は動かない」という言葉があるけれど、特に子供は「外部からのほめ言葉に弱い」。

長い夏休み。
今年6年生の娘はお昼ご飯の作成とリビングの掃除を担当し、息子は昨年同様お風呂場掃除を担当する予定である。

写真素材 PIXTA
(c) タカレナ写真素材 PIXTA


posted by: 池田@ママ | 子供教育 | 09:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック