Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    匿名 (04/19)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    鈴蘭 (05/30)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ドロップ (06/09)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ゆうと (06/06)
  • 少子化 20-30歳の6割が子供いらない
    匿名 (05/28)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    結香 (11/07)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    カノン (10/20)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    さくら (10/17)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ひー (09/12)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ころね (05/28)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
緊急速報! 小学校で新型インフルエンザが発生!


関東地方は梅雨があけ、暑い日が続いている。東京都都議選に目を奪われていたら7/14にはあけていたらしい。気候の変化に娘の身体は過敏に反応。風邪と共に喘息の発作を引き起こした。

写真素材 PIXTA
(c) YO-HEY!!写真素材 PIXTA


気管支拡張剤を病院で処方してもらい、症状が治まるまで自宅で休ませる。学校側には「体調は問題がないのだが、うつるとか、うつらないとか。子供たちが喘息の発作を理由にいじめをする可能性があるから」と説明した。「そこまで気にする必要はないのに」といわれた翌日に事件は発生した。

■ 神奈川県下、小学校一年生、息子の教室にて新型インフルエンザが発生!

最初の一報は夕方六時にやってきた。小学校一年生、息子のクラスにて新型インフルエンザの発生を確認したため、3日間発生したクラスは休校とする。という内容だった。通常の電話による連絡網ではない。他のクラスの先生が直接自宅まで電話をかけてきたのだ。
六年生の娘によると、お昼ごろから、根も葉もない噂として「豚インフルエンザが一年生のクラスで発生したらしい」という話が伝播していたという。まさか本当だと思わなかった。慌てて息子の体温を測るが平熱で問題はない。3日間の学級閉鎖の後、そのまま夏休みに突入するらしい。

写真素材 PIXTA
(c) HALI写真素材 PIXTA


■ 旦那の会社への通知

夜の八時ごろ。旦那が戻ってきた。事情を説明すると「会社へ連絡を入れなくてはいけない」という新型インフルエンザが家族の間に発生すると、会社へ報告をするよう通達がでているのだという。もし子供に熱が出、発症した場合は「通勤禁止」になることが既に決定しているという。いわれてみると、水泳教室でも「新型インフルエンザ発生時のご注意」といったプリントが配られ、発生時の対処法が告知されていた。但し、息子の空手教室ではそのような「新型インフルエンザへの対象方法」の連絡はなかった。現時点「習い事」の教室での対応は、新型インフルエンザへの情報対応をしているのは大体半数だ。

■新型インフルエンザ

一時は強制入院の対象となっていた「新型インフルエンザ」も現在は通常のインフルエンザと同じ対応となっている。主な症状は、37.8度以上の熱、せき、のどの痛み、鼻水、倦怠感、筋肉痛、頭痛、下痢、嘔吐。潜伏期間は通常のインフルエンザでは3日程度であるといわれているが、先だっての「強制隔離」の際は10日程度の隔離期間を設けていた。感染者が出たという一報があった時点で、学校側からは外出自粛期間などの指定はなかった。

■他のクラスへの通達はなし

朝となり他のお母さんたちに事情を説明すると、皆さん真っ青になって驚き、慌ててマスクを自宅に取りに戻る人もいた。子供たちは「新型インフルエンザ」ではなく「豚インフルエンザ」という単語を好んで使う。朝の段階で何人かの子供は知っていたようだが、情報が確定されていなかったこともあり、ほとんどの子供は親に教えるといったことはほとんどしていなかったようだ。

■ 今後の対処は?

アメリカでは新型インフルエンザの拡大が確認された場合、大学を含む教育機関を3ヶ月間閉鎖することが決まっているが、日本では感染が拡大した場合、どれほど休校とするのか、外出自粛を行うかといった強制力がない。インフルエンザウイルスは飛沫が被服についても一時間程度しか生きられない。ウイルスが付着した手を口に入れない限り感染はしない。湿度がまだ高い今の季節から乾燥した季節へ変わる頃がまた心配だ。

うがい、手洗い、マスク着用。
ゼンソクのせきが止まらない娘にとっては、夏休みまでの辛い数日になりそうだ。

posted by: 池田@ママ | 健康医療 | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック