Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    匿名 (04/19)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    鈴蘭 (05/30)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ドロップ (06/09)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ゆうと (06/06)
  • 少子化 20-30歳の6割が子供いらない
    匿名 (05/28)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    結香 (11/07)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    カノン (10/20)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    さくら (10/17)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ひー (09/12)
  • いじめられやすい体質? 小学生時代のいじめ経験談
    ころね (05/28)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スパム大国一位がブラジルに!


出会い系サイトの法律が強化され、申請制となったことから、「出会い系」サイトは壊滅状態となってきました。そうした中メールを「億」単位で送信し、成果をあげようと考える人間は今後減るのではと思います。

とはいえ海外は関係ありませんので、相変わらず「バイアグラ」等々の勧誘メールは一日200-300通来るのですが。そうした中、トレンドマイクロでは「スパムマップ」を公開しています。
http://itw.trendmicro.com/malware_spam_map.php

1位 ブラジル 16.44%
2位 アメリカ 9.78%
3位 韓国 6.95%
4位 ポーランド 5.77%
5位 インド 5.72%

 2009/06/29時点で、一位がブラジル、二位がアメリカ、三位がなんと「韓国」となっています。

写真素材 PIXTA
(c) dayseye写真素材 PIXTA


 ブラジルは6月頭2位であったのが、ついに6月末アメリカを抜いたことになります。アメリカはスパム対策を国全体で行った結果としてランキングが下がってきたと考えられます。スパムを配信するISPの上位10社中2社が米国のISP、4社がブラジルのISPであり、「ブラジルは中継国」として使われるケースが多いこと、そして「グレーマーケット」としての需要が大きいため配信数が増えたのではないかといわれています。

インターネットでしか買えないものが
インターネットではよく売れる!

写真素材 PIXTA
(c) FUJIO写真素材 PIXTA


 ある国では違法なものが、ある国では合法なアイテムである場合、そのグレーアイテムは格好の「売れ筋商品」となる。日本でいえば、先だってのDS用の「マジコン」などがそれにあたります。ヤフオクなどでも販売が禁止されたため

今までに購入歴のあるユーザー宛にメールを送信し、購入希望者はそれを欲しい人に転送するという方式で売られていました

ではブラジルで売られている「グレー」なものは何なのか。気になる部分であります。どうもそれは合法薬剤のよう。スパムメールの内容としては、ドラッグや薬の売り込みが全体の30%を占め、2位と3位は、それぞれ、ローン関連(9%)と男性用精力剤(7%)であるというから、日本の「出会い系」とは大きく違う配信体系? であるようです。

写真素材 PIXTA
(c) MaHo写真素材 PIXTA


 3位の韓国はポルノサイトへの誘導で逮捕者が出、広告メールはサブジェクトの最後に「@」をつけることが法律で制定されており、韓国経済に被害を3600億円……を与えたのにもかかわらず報酬が15万円であったという女性名を名乗った21歳の男子学生が逮捕されている。対象は「闇金融」に「アダルトサイト」。6歳からパソコンをはじめ、高校生の頃からスパムメールを専門的に配信し始めたとのこと。もし、有罪の場合、3年以下の懲役か、3000万ウォン(約374万円)の罰金。判決はまだ出ていません。

 アメリカではローン関係のスパムメールで逮捕者が出ています。違反者には200万ドル(約2億2000万円)から600万ドル(約6億6000万円)の罰金、最悪の場合には最長5年の懲役が科せられますので、日本とは懲罰は大きな違いがあります。

写真素材 PIXTA
(c) teresa写真素材 PIXTA


 日本もより厳罰化していくのでしょうか。今後はより「確かに同意されたアドレス」であるかどうか「そのメール送信は法律的に問題ないものであるかどうか」の確認、そして最近の傾向を見ていると「どういうことをしたら、法律に触れるのか」ということを、正しく理解していくことが、重要になってくるように思います。

posted by: 池田@ママ | IT Web | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック